大阪☆春夏秋冬、1年ぶりのミニアルバム

ツイート

大阪☆春夏秋冬が、7月31日にミニアルバムを発売することが決定した。

◆関連画像

大阪☆春夏秋冬は、ゴールデンウィーク初日の4月27日(にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて昼と夜の2回公演のワンマンライブを実施。4月14日からテレビ東京系6局ネットで放送中のテレビアニメ『FAIRY TAIL』ファイナルシリーズ第3クールオープニングテーマの新曲「NO-LIMIT」を初披露した。この「NO-LIMIT」はYouTube上に英語&中国語&スペイン語字幕バージョンが公開され、公開後2週間で累計再生数が約50万回を記録している話題の楽曲だ。


さらに、ライブ中のMCでメインヴォーカルのMAINAが「2019年7月31日に!大阪☆春夏秋冬、ミニアルバムを発売させて頂きます!」と、昨年6月に発売されたメジャー1stアルバム『SSFW』以来約1年ぶりとなるCD発売決定を、集まったファンに伝えた。ミニアルバムには「NO-LIMIT」はもちろん、ライブを通してファンと共に育てている「その手(demo音源)」の完成版音源も収録されるなど、アッパーなロックチューンをメインに展開する大阪☆春夏秋冬史上一番激しい作品になるとのこと。

FULLSCRATCH、the HIATUS、RADIOTSのギタリストで、LUNA SEAのJサポートもしているmasasucksがサウンドプロデューサーとして大阪☆春夏秋冬チームに入って初の作品ということもあり、本作品を通してどんな進化を遂げるのか期待が高まる。

ライブでは「NO-LIMIT」「その手(demo音源)」以外にも、昼と夜の2回公演で「Let you fly」「New Me」「世界には僕らだけ」といった人気曲はもちろん、JUN SKY WALKER(S)の「すてきな夜空」のカバーが披露されるなど彼女達らしいロック魂全開の攻めたパフォーマンスに加え、メインヴォーカルMAINAの歌唱力と息の合った5人のコーラスワーク、さらに、グループとしても個々としても際立つ圧巻のダンススキルが発揮された。また、ライブパフォーマンスだけでなく、大阪出身の彼女達ならではの軽快なトークでMC中は客席に笑い声が絶えない、まさに集まった観客を一瞬たりとも飽きさせない彼女達の魅力が詰まったワンマンライブとなった。


Photo by Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)

ミニアルバム『タイトル未定』

2019年07月31日発売
■CD+Blu-ray AVCD-96308/B 税抜¥2,778 (税込¥3,000)
■CDのみ AVCD-96309 税抜¥1,852 (税込¥2,000)

収録内容
[CD]
「NO-LIMIT」他、全6曲収録予定
[Blu-ray]
・「NO-LIMIT」 Music Video
・「タイトル未定」 Music Video
・ドキュメンタリー映像

大阪☆春夏秋冬 LIVE・EVENT情報

4月30日 餃子フェス 0SAKA 2019
4月30日 さよなら平成カウントダウンライブ ※生配信ライブ
5月1日 こんにちは新元号初ライブ  at HMV&BOOKS SHINSAIBASHI
5月2日 Girls meAt up Fes!! ※肉フェスOSAKA2019内イベント
5月4日 ミニアルバム発売記念イベント at TSUTAYA EBISUBASHI
5月5日 ミニアルバム発売記念イベント at ヨドバシカメラマルチメディア梅田
5月7日 ESAKA MUSE pre. 『POWER MUSIC JAM vol.2』 at ESAKA MUSE
5月12日 ミニアルバム発売記念イベント at ピエリ守山
5月25日 ワンマンライブ at Mt RAINIER HALL SHIBUYA
5月29日 NONSTANDARD SESSIONS at TSUTAYA O-WEST
6月8日 mistFES2019 supported by 中日スポーツ
6月9日 mistFES2019 supported by 中日スポーツ
6月16日 ミニアルバム発売記念イベント at TSUTAYA EBISUBASHI
6月29日 ワンマンライブ at ESAKA MUSE
6月30日 ワンマンライブ at ESAKA MUSE
7月15日 ミニアルバム発売記念イベント at HMV&BOOKS SHINSAIBASHI
7月28日 ミニアルバム発売記念イベント at TSUTAYA EBISUBASHI

◆大阪☆春夏秋冬 オフィシャルサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス