【レポート】BOYS AND MEN、『フェルメール展』で任命式とチラシ配り「朝から元気いっぱい頑張ろう!」

ツイート

“ボイメン”ことBOYS AND MENが、大阪市立美術館で開催中のカンテレ60周年記念イベント『フェルメール展』の宣伝キャプテンに就任したことは既報のとおり。ゴールデンウィーク序盤の4月28日、『フェルメール展』のカンテレ宣伝キャプテン任命式が行われたほか、“早朝ウェルカムセレモニー”に参加してお客様を笑顔でお出迎えした。

◆BOYS AND MEN (通称ボイメン) 画像

大阪市立美術館で開催中の『フェルメール展』はカンテレ開局60周年事業の締めくくりとして行われているものだ。オランダを代表する画家フェルメールの現存する作品35点のうち、大阪では過去最多となる6作品が集結。日本初公開となる“取り持ち女”や大阪展のみの展示となる“恋文”など、貴重な作品の数々が鑑賞できるとあって、4月19日には東京展および大阪展の累計来館者が100万人を突破、記念式典も開催された。



そして、ゴールデンウィーク初日の4月27日から最終日の5月12日まで、毎朝8:30より開館となるアーリーオープンを実施。4月28日にはカンテレによって『フェルメール展宣伝キャプテン』に任命されたボイメンの任命式が大阪市立美術館で行われた。ボイメンからは水野勝、田村侑久、辻本達規、小林豊の4人が出席。岡崎桂子カンテレ事業局長から「いよいよラストスパートです。さらに『フェルメール展』の魅力を広めてください!」と展覧会オリジナルシャツが授与されるとメンバーそれぞれが意気込みを語った。

「僕たちが受けたこの感情を素直に届けていたい!」──小林
「キャッチフレーズの“#ボイメンフェルメる”をどんどん広めていきます!──辻本
「一生見られないかもしれない作品ばかりなので、是非見に来てほしい!」──田村
「6作品が一堂に介して見られるのは貴重なこと。番組やメディアを通じて発信していきたいです」──水野


その後に行われた“早朝ウェルカムセレモニー”では、朝早くから駆けつけた来場者に展覧会のフライヤーを手渡しながら、「ありがとう!」「楽しんでね!」と笑顔でお出迎えした。フェルメール展を鑑賞した4人は「色彩がすごい! いろんな色が使われていて、見る者を惹きつける!」(水野)、「絵の世界に入り込んだような臨場感と絵のパワーを感じました。美術にすごく興味が湧いてきた!」(田村)、「窓から差し込む光が忠実に再現されていて、写真かと思うぐらいリアル!」(辻本)、「奥行きや色彩がすごくて感動しました。たくさんの方に見てほしい」(小林)とすっかりフェルメール作品の虜に。また、個々のお気に入り作品についてこう感想を語った。

「“手紙を書く婦人と召使い”。絵の中のミステリアスな部分に惹かれた」──水野
「“リュートを調弦する女”。柔らかい絵のタッチに癒やされたし、同じアーティストとしてフェルメールさんに共通点を感じました。すいません。アーティストぶっちゃって(笑)」──田村
「“マルタとマリアの家のキリスト”。何気ない日常を切り取っていてすごい。その時代を生きた感覚になりました」──辻本
「“恋文”。絵の世界にいるような気持ちになって、タイトルにもキュンとなりました!」──小林



ボイメンの本拠地である名古屋から始発の新幹線で大阪入りした4人は遠方の方に向けても来場を熱烈アピールした。「僕たちも今朝、名古屋から1時間半ぐらいでここまで来られたので、気軽に見に来てほしいです。絵を見ていると優しい気持ちになれて、フワッと肩の力が抜けました。だから、疲れを癒せる効果もあります!」(小林)、「世界の美術館のすごい作品が、今ならその国まで行かなくても大阪で見られるんです。それって一生ないと思うので絶対見ておいたほうがいいです! 美術の成績が“1"だった僕がここまでの熱量で言っているんだから、フェルメールさんってスゲ~!」(田村)、「行くのに迷っている方も来ていただければ貴重な体験ができます! ぜひ会場にお越しください!」(水野)と、自身もフェルメール作品から得た大きなパワーについて語る場面も。なお、田村の特技と趣味は、“チラシ配り”。“早朝ウェルカムセレモニー”で来場者にフライヤーを配ったボイメンだが、田村はチラシ配りの極意も披露。

「今日はフェルメール展に興味がある方ばかりだったので、絶対もらってもらえましたが…(笑)。もしも、もらってもらえないときは、基本的に横から渡すのは良くないので、真正面から。それも距離感が大事なんです。そして満面の笑み。いきなり配らず、“なんだ?この子、バカな子だな(笑)”と思ってもらえたら、僕の勝ちです! 実はこれ、100パターンのある内の一つ。ほかにも、一定の距離を保ちながら“ボイメンって知ってますか?”と言いながら、じりじりと後ろに下がって、相手との距離を一定に保つというのもある。このせめぎ合いが楽しいんですよ(笑)。あと、究極の方法はチラシを落とすというパターン。拾ってもらって、そのままあげてしまうというね(笑)。それと、このエリアは配っていいところなのかを把握するのも、チラシ配りでは大切なことなんです!」──田村


最後に、ゴールデンウィークから早朝開館がスタートしたことについて触れながら、『フェルメール展』の楽しみ方を目一杯アピールした。

「ちょうどゴールデンウィークなので、フェルメール作品に触れていただければ、その日一日元気いっぱい頑張れるんじゃないかと思います。グッズコーナーもすごく充実しているのでじっくり見てほしい!」──田村
「朝8時半の開館だったら、ゴールデンウィーク終わった後も、会社に行く前に見られるかも。このチャンスを逃さないでください!」──小林

『フェルメール展宣伝キャプテン』のボイメンは最終日となる5月12まで、“#ボイメンフェルメる”をキャッチフレーズに『フェルメール展』を強力プッシュする。

■『フェルメール展』

日程:5月12日(日)まで
会場:大阪市立美術館
※4月27日(土)より朝8:30から開館。入場は午後4:30まで
※休館日なし

■カンレテ番組『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』

放送日程:毎週水曜深夜25時25分~25時55分放送
放送局:カンテレ・関西ローカル
※毎週土曜早朝5時20分~5時50分で再放送
※ボイメン・ロケの様子は、5/1(水)と5/8(水)深夜25時25分~26時05分で10分枠拡大。再放送は、5/4(水)と5/11(水)の早朝5時10分~5時50分で放送。
※ピーコ、兵動大樹、桜 稲垣早希、中山優馬、川島壮雄カンテレアナウンサーのピーチケメンバーが、注目のエンターテインメントや舞台、コンサート、展覧会などの最新情報を痛快なスタジオトークとともに紹介している情報番組。

■シングル「頭の中のフィルム」

5月29日(水)発売


【初回限定盤A (CD+DVD)】UICV-9307 ¥1,800(税込)
1. 頭の中のフィルム
2. ONE WAY
3. 夢Chu☆毒
▼DVD
・頭の中のフィルム -MV-
・頭の中のフィルム –Making of Music Video–
・頭の中のフィルム –Making of Jacket Photos–


【初回限定盤B (CD+32Pブックレット)】UICV-9308 ¥1800(税込)
1. 頭の中のフィルム
2. ONE WAY
3. 夢Chu☆毒
4. 頭の中のフィルム –カラオケver.-


【通常盤 (CD)】UICV-5080 ¥1,300(税込)
1. 頭の中のフィルム
2. ONE WAY
3. 夢Chu☆毒
4. 頭の中のフィルム –Instrumental-
5. ONE WAY –Instrumental-
6. 夢Chu☆毒 –Instrumental-

▼CD購入特典:オリジナルA2ポスター
※一部取り扱いの無い店舗がございますので、ご希望の店舗で特典の有無をご確認ください。
※特典は先着です。数に限りがございますのでお早めにご予約ください。

■<BOYS AND MEN誠 Zeppツアー2019 ~元気いっぱい全国大冒険~>

6月13日(木) Zepp Diver City Tokyo
7月05日(金) Zepp Namba
7月19日(金) Zepp Fukuoka
7月22日(月) Zepp Nagoya

※2020年 アリーナツアー開催予定

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス