サバトン「最高級のサバトン流ヘヴィ・メタルだ」

ツイート

約3年振りとなるサバトンのニューアルバム『ザ・グレイト・ウォー』が7月19日に発売となる。新ギタリスト、トミー・ヨハンソンが参加しており、来日公演でもそのテクニカル&メロディアスなギター・プレイを披露していた愛されキャラだ。

歴史上の戦争を題材とし、数々の戦記を綴ってきたサバトンだが。今作で採り上げられたテーマは第一次世界大戦だ。撃墜王マンフレート・フォン・リヒトホーフェンを描いた「レッド・バロン」、70万人の死傷者を出したヴェルダンの戦いを主題とする「フィールズ・オブ・ヴェルダン」など、各曲の題材となった歴史的事件や人物についてのナレーションを加えた“ヒストリー・エディション”を加えた初回限定盤2枚組CDも同時リリースされ、より深く作品に没入できるようになっている。

「100%のピュア・サバトン。最高級のサバトン流ヘヴィ・メタルだ。ただ、いくつかのヒネリを加えて、リスナーを驚かせるだろう」──ヨアキム・ブロデーン(Vo)

「情け容赦ない戦争の暴虐と勇敢な自己犠牲の精神のコントラストが描かれている」──パル・スンドストロム(B)



写真:George Grigoriadis


サバトン『ザ・グレイト・ウォー』

2019年7月19日 世界同時発売予定
【通販100セット限定 直筆サインカード付CD+ヒストリー・エディションCD+Tシャツ】 WRDZZ-857 / ¥7,000+税
【初回限定盤CD+ヒストリー・エディションCD】 GQCS-90726~7 / 4562387209651 / ¥3,200+税
【通常盤CD】 GQCS-90728 / 4562387209668 / ¥2,500+税
※日本語解説書封入
1.ザ・フューチャー・オブ・ウォーフェア
2.セヴン・ピラーズ・オブ・ウィズダム
3.82nd オール・ザ・ウェイ
4.ジ・アタック・オブ・ザ・デッド・メン
5.デヴィル・ドッグス
6.ザ・レッド・バロン
7.グレイト・ウォー
8.ア・ゴースト・イン・ザ・トレンチーズ
9.フィールド・オブ・ヴェルダン
10.ジ・エンド・オブ・ザ・ウォー・トゥ・エンド・オール・ウォーズ
11.イン・フランダース・フィールズ
【『ザ・グレイト・ウォー』ヒストリー・エディション収録予定曲】
1.ザ・フューチャー・オブ・ウォーフェア
2.セヴン・ピラーズ・オブ・ウィズダム
3.82nd オール・ザ・ウェイ
4.ジ・アタック・オブ・ザ・デッド・メン
5.デヴィル・ドッグス
6.ザ・レッド・バロン
7.グレイト・ウォー
8.ア・ゴースト・イン・ザ・トレンチーズ
9.フィールズ・オブ・ヴェルダン
10.ジ・エンド・オブ・ザ・ウォー・トゥ・エンド・オール・ウォーズ
11.イン・フランダース・フィールズ

【メンバー】
ヨアキム・ブロデーン(ヴォーカル/キーボード)
パル・スンドストロム(ベース)
クリス・ローランド(ギター)
トミー・ヨハンソン(ギター)
ハネス・ヴァン・ダール(ドラムス)

◆サバトン『ザ・グレイト・ウォー』レーベルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報