M-Audioから大型ボリュームノブを備えた8イン/4アウトUSBオーディオ/MIDIインターフェイス「M-Track 8X4M」

ツイート

M-Audoから24bit/192kHzのスタジオクオリティのレコーディングがカンタンに行える8イン/4アウトのUSBオーディオ/MIDIインターフェイスが「M-Track 8X4M」が登場した。

「M-Track 8X4M」は、エレガントな金属製シャーシに大型のモニター用ボリュームノブ、クラス最高のオーディオ性能を実現する透明感のある低ノイズのCrystal PreampとA/Dコンバーターを搭載。入力は、4系統のXLR/TRSコンボ入力、2系統の1/4インチライン入力、2系統の1/4インチインストゥルメント入力を装備。インストゥルメント入力はギターやベースを直接接続した際に正確に信号を受け取ることができるよう特別に設計されたゲインとインピーダンスステージを備える。また、MIDI入出力端子も搭載する。


▲中央の大きなノブに加え、出力切り替えスイッチ、入力のゲイン調整ノブなど、ダイレクトに操作できる操作子を多数トップパネルに用意。入力VU LEDメーターは-20dbから0dBまでをセグメント表示。

ステレオペアの1/4インチのスタジオモニター出力と、割り当て可能な2系統の1/4インチ出力を搭載。ソースとレベルを個別にコントロールできる2系統のヘッドホン出力を備えているので、レコーディング中に2人のミュージシャンがそれぞれのミックスをモニター可能。モニターとヘッドホン出力にはダイレクトモノ/ステレオスイッチと、ダイレクト/USBミックスを装備するなど、モニタリングの柔軟性が高いのも特徴。本体にはMacおよびPC接続用のUSB Cポートを装備。Hi-Speed USB接続とUSB/ダイレクトコントロールによりレイテンシーゼロのモニタリングが可能だ。スタジオモニターの音量調整がしやすい大型の金属製モニターボリュームノブ、最適なゲイン調整が時間をかけずに行えるセグメント化された入力VU LEDメーターも備え、快適なレコーディング環境を構築できる。


▲前面には2系統のヘッドホン&ボリューム、2系統のインストゥルメント入力を用意。背面には出力×4、ライン入力×2、コンボ入力×4、MIDI入出力を配置。USBはType-Cを搭載。

ソフトウェアも充実。すぐに高品位なレコーディングが始められるDAWソフトPro Tools | First M-Audio Edition、レコーディングからパフォーマンスもサポートするAbleton Live Liteのほか、プラグインではギター向けのEleven Lite、リバーブやディレイを含むAIRのCreative FX Collectionを用意。さらにAIR Virtual Instrumentプラグインでリアルなドラムス、シンセ、ストリングス、パーカッション、ピアノなどの高品位なサウンドを制作に加えることができる。


製品情報

◆M-Track 8X4M
価格:オープン(市場想定価格 37,800円 税込)
発売日:2019年4月27日
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス