KANDYTOWN、今秋3年ぶりAL発売+東阪Zeppツアー開催

ツイート


ラッパー、DJ、トラックメイカー、アートディレクターなど総勢16名が所属するヒップホップ・クルーKANDYTOWNが、2019年秋におよそ3年ぶりとなる2ndアルバムをワーナーミュージック・ジャパンよりリリースすることを発表した。

同内容は、本日渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催されたワンマンライブ<LOCAL CONNECTION>にて明らかにされた。また、アルバムを引っ提げ東京・大阪でZeppツアーを開催する。東京会場はZepp TOKYO、大阪会場はZepp OSAKA Baysideを予定している。チケット等の詳細は後日発表予定だ。



そして、本日22時からはHARLEMにて、SOLD OUTとなったこのワンマンライブのAFTER PARTYとして<KANDYTOWN "LOCAL CONNECTION" AFTER PARTY>が開催される。ライブを終えたメンバーも全員来場予定のこのパーティーには<LOCAL CONNECTION>のチケット半券持参で¥2,000(1DRINK)で入場できるとのこと。




この記事をツイート

この記事の関連情報