<TOP NOTE>、元気を引き出す「香り」と「音」「光」

ツイート

4月23日(火)、光と音に「香り」を加えたライブシリーズ<TOP NOTE>の第2回公演がTSUTAYA O-nestで開催された。出演を果たした3バンドは、さらなる活躍を期待したいAbsolute Area、osage、Sunrise In My Attache Caseというラインナップである。

会場に漂う爽やかな「シエナ」「フレッシュウォーター」という香りは「皆を元気にする」をテーマにセッティングされたもので、オーディエンスを巻き込んで1日の疲れを吹き飛ばすような心地よい空間が生み出されていた。各個性が際立ち、音楽性もスタイルもバラバラの3バンドだったが、共通の香りマジックなのか、同じ時を共有した感動と体験の証なのか、物販コーナーも各バンドのファンが交差する素敵なひとときが繰り広げられていた。




▲Absolute Area

「香りがとても爽やかな香りだったので僕たちの楽曲とマッチする部分が多かったので嬉しかったですし、気分も上がりました。正直ステージ上ではあまり匂いがわからなかったです(笑)。もしかしたらリハの時から嗅いでいたからかもしれません。僕たちが普段いろんな季節感の歌を歌っているので、いろんな季節を感じる匂いを曲ごとに変えて演出できたら、より曲の説得力も増して面白いかもしれません。ありがとうございました。」──Absolute Area

Absolute area
1.少年
2.続く明日へ
3.パラレルストーリー
4.ひと夏の君へ
5.会社員
6.Girl
7.ミライゾウ




▲osage

「音と香りという新しい試み、とても素敵でした。他2バンドさんの音楽も良くて、この日は僕たちもお客さんも忘れないと思います。僕たち4/10に新しい新譜をタワレコ限定でリリースしてからの初めての都内でのライブだったんですけど、今まではライブを観て良いなと思ってCDを買ってくれてたのと違って、既に新しい曲を音源として聴いてくれてる方たちに向けて演奏することに少し不思議な感覚もありました、新しい曲に笑顔で歌詞を口ずさんでくれてるお客さんの姿に改めてCDを出したんだなと嬉しくなりました。演奏している時、ふとした瞬間に「香り」を感じてなんだか僕たちの曲を一押ししてくれると思いました。バンドにとって音響、照明は曲の良さを最大限に引き出してくれるものだと思っていましたが、「香り」もそこに加えたいです。そのバンドによっての香りのカラーもあると思って、バンドさん毎に違うバリエーションの香りの演出など面白いと思います。」──osage

osage
1.セトモノ
2.スニーカー
3.エンドロール
4.追憶
5.最終兵器
6.スープ
7.vega
8.ウーロンハイと春に




▲Sunrise In My Attache Case

「とても気持ちよくライブができました。vol.3も是非。「香り」にちなんだ装飾がフロアやステージにあれば更に雰囲気が出て素敵なイベントになるのではないかと思いました」──Sunrise In My Attache Case

Sunrise In My Attache Case
1.Higher
2.Letter
3.Heart Beat
4.When I Was Young
5.Star Light
6.Tell Me Why
7.Holiday
8.The Wall
この記事をツイート

この記事の関連情報