全米アルバム・チャート、ピンクが3枚目の1位

ツイート


今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ピンクの8枚目のスタジオ・アルバム『Hurts 2B Human』が初登場で1位を獲得した。前々作『The Truth About Love』(2012年)、前作『Beautiful Trauma』(2017年)に続き3枚連続での全米No.1となった。『Hurts 2B Human』は、UK、オーストラリア、カナダなどでも初登場で1位に輝いた。

◆ピンク画像

ピンクはこの快挙に、ファンへ向け「長年、私にしっかり寄り添ってくれている忠実な友人達へ感謝しないと。新しく加わった人たちにも。私の音楽を聴き、心を開いてくれてありがとう。Hurts 2B Human(人間でいるのは傷つく)だけど、私たちは一緒よ。私が泣けば抱きしめてくれる人がいる」とつぶやいている。


2位には、ヒルソング教会から派するクリスチャン・ミュージック・グループHillsong Unitedのライブ・アルバム『People』が初登場。ラッパー、スクールボーイ・Qの5枚目のスタジオ・アルバム『CrasH Talk』が3位にチャート・インした。

今週はこの3枚ほか、ニューヨーク出身の3兄弟から成るポップ・バンド、AJRのサード『Neotheater』が9位に初登場している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス