【ライブレポート】FTISLAND「4人でFTISLANDを守って、戻ってきてもバンドを続ける」

ツイート


5月5日に兵庫・ワールド記念ホールにて、FTISLANDが<FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES->のファイナル公演を開催した。今回BARKSでは、そのオフィシャルレポートを掲載する。

◆FTISLAND 画像

  ◆  ◆  ◆

韓国出身のロックバンドFTISLANDが5月5日、兵庫・ワールド記念ホールで<FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES->ファイナル公演を迎えた。すでに発表されているが、このツアーがFTISLANDにとって入隊前最後のツアーとなるが、4月4日の東京・豊洲PITを皮切りに、ライブハウスからホール、武道館、そしてファイナルのアリーナまで、約1ヶ月にわたり13公演を行った。

入隊前最後のツアーファイナルということもあり、開演直前から流れていた日本9thアルバム『EVERLASTING』(3月27日発売)のリード曲「God Bless You」に合わせて手拍子が自然発生するほどFTISLANDの登場を待ちわびる様子の満員のファンたち。メンバーの登場を告げるSEは韓国1stアルバム『Cheerful Sensibility』(2007年)に収録されている「FT ISLAND」がアレンジされたものだったが、かねてから「日本デビュー10周年の来年はライブをすることができないので、インディーズ時代から今までの歴史を振り返る内容をこのツアーで見せる」と公言していたように、この曲はインディーズ時代のライブ定番曲。古参のファンの気持ちを高ぶらせる。そのSEに合わせてファンの手拍子が大きくなったところにミンファン(dr.)、スンヒョン(g)、ジェジン(b)が登場。ミンファンがタイトなビートをたたき出したところにホンギ(vo.)が登場すると、記念すべき日本メジャーデビュー曲「Flower Rock」になだれ込む。スピード感のあるロック曲でも、ひと言ひと言を大事に紡ぐホンギの姿が印象的だ。ファンはホンギと一緒に大ジャンプを決めたり、スタートから一体感を作り出す。

FTISLANDが担当したアニメやドラマ楽曲のセクションでは、「SATISFACTION」の“シアワセの意味を探していた どこかにあると思った”という歌詞を“神戸にあると思った”に替えてファンに歌わせ、その大きな声を聴くとホンギがニッコリと笑顔を見せる。ホンギが主演を務めた日本のドラマ主題歌「ハルカ」では、スンヒョンが久々のラップを披露した。

「みんなの声をもらうぞ!」というホンギの号令で、「AQUA」では“WOWOWO”というシングアロングが生まれる。その声を受け止めるように、大きく両手を広げるホンギ。そしてそのファンの声に自分の声をぶつける。唯一の韓国楽曲のセクションでは、重いロックビートに合わせてホンギ、ジェジン、スンヒョンがヘッドバンキング。その勢いに乗って歌うファンの声にホンギが歌で返す。「Pray」ではサビのシングアロングを“祈り”というタイトルのごとく、胸に手をあて受け取るホンギ。ホンギとファンの生み出す声は渦のようにからみあい、曲が終わると会場から大きな喝采が起こったが、歌でお互いを理解していくのを感じる。FTISLANDのライブでは、こういうステージの上と下で行われる音楽の交感が多いのだ。



激しい曲が続いた後は、クールダウンのアコースティックセットに。「インディーズ時代の曲をどうやって聴かせればいいか悩んだ」と話し出すミンファン。「それで季節に分けた曲をやるブロックを作りました。日本では春・梅雨・夏だけど、韓国では夏の後に梅雨がくる。それを知らなくて、韓国の順番になっています」とスンヒョンが補足。スンヒョンのアコースティックギターをバックにジェジンが春のイメージのバラード曲「soyogi」をソロで歌い出すと、そこにベースを重ね、スンヒョンにボーカルをバトンタッチ。サビでホンギのボーカルとミンファンのカホンが重なり美しいハーモニーを響かせる。夏のイメージの「Brand-new days」は、ホンギと会場のファンが交互にボーカルを執る。ツアー初日の豊洲PIT公演から、このスタイルを続けてきたが、アレンジで原曲と入りのタイミングが変わっていて、ポイントをそろえるのに苦戦していた曲だ。しかしファイナルでついに大成功して、ホンギも満面の笑顔で客席にサムズアップを送った。梅雨を彩る「Raining」は、ミンファンのボーカルからスタートし、ファンも一緒に歌声を重ねてゆく。サビをファンに歌わせ、ホンギがハーモニーを乗せる。「みんなの歌に重ねるのすごく好き。初日から比べると、どんどん上手くなっている」とファンを褒めたが、FTISLANDはメインボーカルのホンギだけが歌うのではなく、ジェジン、スンヒョン、ミンファン、メンバー全員がボーカルを執る。そしてそこにファンの歌が加わり、その場にいる全員で曲を完成させていく一体感が魅力なのだ。時に激しく、時に優しく、パワーで押すだけではなく多彩な表情で曲を作り上げていく。今回のツアーでは、特にこういう場面が多く、ファンのシングアロングを優しい瞳でみつめるホンギの顔が心に残った。





「バラードばかりで切なくなっちゃったから、僕らが好きな曲で盛り上げます」とホンギが言ってスタートしたのは、「Hold the moon」。ホンギが「大好き」と公言する「Golden」ではステップを踏んでシングアロングの声を浴び、「カモン!」とその声をさらに集めて一緒に盛り上がっていった。

ラストのセクションは「FREEDOM」で幕開け。ホンギはウォーターガンを手にフロアに降りると、歌いながら客席に水をまき散らす。スンヒョンの雄叫びの後は、スンヒョンとジェジンも左右に伸びたステージを動き回る。ファンは「Sit Down!」というホンギの号令で一斉に椅子に座ると、サビで立ち上がりタオルを振り回す。その盛り上がりのまま、FT流パーティチューン「PUPPY」でファンとの掛け合いを楽しむと、「未体験Future」で大きな一体感に包まれた。ミンファンのドラムが勢いをつけて始まったのは、本編をしめくくる最新曲「God Bless You」。最後まで分厚い音の波を会場に巻き起こした。





アンコールは壮大なバラード「Paradise」で幕開け。ホンギのリードでジェジン、スンヒョンがソロで歌うと、会場の男性ファンを指さし「あなただけ!」と歌わせたあとは、「全員で!」と会場をひとつにまとめ上げる。

「次の曲が今回のツアーの終わりの曲です。皆さん、お疲れ様でした」とホンギが深々と頭を下げると、「長いツアーでした。小さいところでもいいから、日本中でライブしたいって言ったんです。こんなにたくさんの場所でライブができる韓国のバンドって、俺らしかいないってプライドを持ってるし」と言うと「オー!」という大歓声が上がる。「俺らはしばらくどこかに行かなきゃならないけれど、まだ8月に広島(振替公演)でもう1回ライブがあるし、7月に俺のソロファンミーティングもある。行くギリギリまでライブをしたいんです。急にサプライズのお知らせをしても、また遊んでくれますか?」と客席に問いかけると、「今回は、たくさんの意味があるライブでした。笑顔でバイバイしたかったけど、みんなに心配をかけてしまって…。4人でFTISLANDを守って、戻ってきてもバンドを続けるから、応援お願いします」と言うと、長い拍手が起きる。「俺らはまだ見せたいこと、やりたい音楽、やりたいことがたくさんある。だから、みんなが飽きるまでライブするから!」とファンに熱い想いを伝えた。

「今回のツアーで僕の立ち位置が変わりました。準備の時間が短すぎてキャンセルも考えたけど、皆さんのため、約束を守るために頑張りました。人生ってどうなるかわからないものです。ライブで力をたくさんもらいました、ありがとうございます」と、このツアーからひとりでギターを弾くことになったスンヒョンが語る。初日の豊洲PITは演奏に危ういところもたくさんあったが、最終日には安心感さえ覚える安定のプレイを見せたが、このツアーで最も成長したのは、間違いなくスンヒョンだ。「人生の半分以上をFTISLANDとして過ごしてきました。FTISLANDという大事な名前を守りながらこれからも頑張るので、応援よろしくお願いします」(ミンファン)、「“何で皆さんは僕たちを好きなんだろう?”って悩んだこともありました。今は皆さんと一緒にやっていきたい。何でもない僕らを光を放つ存在にしてくれて、ありがとうございます」(ジェジン)と各人がファンに感謝を伝えると、ホンギが「みんなの応援が僕らの絆を強くしてくれた。それがライブ1回ごとに伝わって、終わった後にため息が出るんです。心配じゃなくて、“よかった”っていうため息が。感謝しています」とホンギが言うと、「今回はいろんな意味のある「アリガト」です」と“これからもずっと支えてほしいから”と歌う「アリガト」で締めくくったが、「昨日やったから、今日やらないと怒るよね。やっぱり最後は笑顔でバイバイしないと!」というホンギの声で、Wアンコールの「Stay what you are」になだれ込む。イッキに一体感が生まれると、歌うファンの顔を眺めて最高の笑顔を見せるホンギ。曲が終わるとすかさず上がったアンコールの声に応え、本ツアー初のトリプルアンコールとなった「Orange Days」で再びファンと歌を作り上げてツアーの幕を閉じた。

このツアーから4人体制となったFTISLAND。初日はファンの心配する気持ちが痛いほど伝わるライブだったが、メンバー4人は、その想いに1回1回演奏で応えてきた。ファンと彼らの絆がどんどん固くなるのを感じたし、ファイナルのこの日、会場にいた誰もが思ったはずだ。「4人でもFTISLANDだ」と。

この後のFTISLANDは、8月24日に広島・広島文化学園HBGホールでホンギのノドの不調で中止となった4月20日分の振替公演を行う。また、ホンギが7月12日、13日に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで『イ・ホンギ(from FTISLAND) Solo Fanmeeting 2019 in Japan ~Never Ending Story~』を開催。ジェジンが6月4日からスタートする『N.Flying 2019 LIVE IN JAPAN -BROTHERHOOD-』にゲストベーシストとして参加する。ホンギが「急なサプライズがあるかも」と予告してるように、きっと、入隊ギリギリまでFTISLANDとしてもライブの場を設けてくれることだろう。

文=坂本ゆかり

■セットリスト

<FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES->
2019.05.05 (日) 兵庫・ワールド記念ホール

1.Flower Rock
2.BEAT IT
3.Boom Boom Boom
4.SATISFACTION
5.ハルカ
6.シアワセオリー
7.AQUA
8.Take Me Now
9.Pray
10.soyogi
11.Brand-new days
12.Raining
13.いつか
14.Distance
15.Hold the moon
16.Golden
17.FREEDOM
18.PUPPY
19.未体験Future
20.God Bless You

アンコール
1.Paradise
2.アリガト
3.Stay what you are
4.Orange Days

■<FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES->

【東京】豊洲PIT
2019年4月4日(木)
2019年4月5日(金)
【新潟】新潟県民会館 大ホール
2019年4月11日(木)
【宮城】仙台サンプラザホール
2019年4月13日(土)
【大阪】Zepp Osaka Bayside
2019年4月17日(水)
2019年4月18日(木)
【広島】広島文化学園HBGホール
2019年4月20日(土)
【愛知】Zepp Nagoya
2019年4月22日(月)
2019年4月23日(火)
【福岡】Zepp Fukuoka
2019年4月25日(木)
【東京】日本武道館
2019年4月30日(火・祝)
【兵庫】ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)
2019年5月4日(土)
2019年5月5日(日)

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス