TOSHI-LOW、息子のために作り続けた『鬼弁』が書籍化

ツイート

TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)による弁当本『鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~』が、5月22日に発売される。

◆TOSHI-LOW 画像

ストイックな性格とガタイの良い風貌から、いつしか“鬼”の愛称で親しまれているTOSHI-LOW。硬派なパブリックイメージが定着しているが、女優・りょうの夫としても知られる彼には、優しい子煩悩な父親という一面も。それを象徴しているのが、りょうが多忙な時に長男のために作りはじめたという弁当、通称“鬼弁”だ。

「ひじきが虫みたいで恐い」と、数口しか食べずに持ち帰ってきた日からはじまった、“子どもが食べたくなる弁当を作る”ことに工夫をこらす日々。ライブの日も、レコーディングの日も、打ち上げが朝方までおよぶ日もTOSHI-LOWは弁当を作っていたという。TOSHI-LOWが作る弁当は、“鬼”という愛称とはかけ離れた創意工夫を凝らした献立ばかり。色彩豊かな弁当から、つけ麺、ガーリックライス、恵方巻き、そうめんなど、息子のために作り続けたお弁当が一挙公開される。

実は“鬼弁”は、TOSHI-LOWがSNSのプライベートアカウントにて公開していたもので、フォローする友人・知人たちの間では密かな話題となっていた。内容、写真が公表されている場はないため、本書籍が初めての全容公開となり、各界の友人・知人たちによるツッコミコメントも掲載されている。

なお5月、6月には発売を記念したサイン会、トーク&ライブイベントの開催も予定。

友人・知人 コメント

■井浦新
バイトしながらバンドやってたギザギザの出逢った頃、あの時から料理してたっけね。見事にどちらも続けてる。愛に溢れた鬼弁に凄まじさを感じるのは、ひとりのお父さんの懸けてきた人生そのものが、弁当箱の中に詰まってるからなんだろぉな。これからもエアー早弁して楽しませてもらうよ。

■TAKUMA(10-FEET)
出来過ぎず出来なさ過ぎず。でもとっても美味しそう。リアルと愛情しかない。バンドマンでお父さんTOSHI-LOWの手作りお弁当シリーズ。愛と二日酔いのお弁当御献立日誌。なんなんだよこれは。高過ぎないクオリティから全国のお父さん達を勇気づける反面“あんたもこれぐらい作んなさいよ”と怒られるお父さんも生み出す作品。 全国の離婚率を下げ、そして上げる。つまり意味とか意義など特に無いのである。ただただ楽しい本なのである。

■高山都
私にとってはロックスターで遠い存在なのに、日々のユーモアと愛がたっぷりのお弁当のおかげで、勝手に身近に、ひとりのお父さんとして、見ている日のほうが多い気がします。

■濱口優(よゐこ)
鬼の形相で細部にこだわり詰め込んでる姿が目に浮かぶ出来のお弁当がズラリ並んでます!このお弁当からアーティストとは?を子供さんは自然に感じていくのでしょうか?

■夏木マリ
硬派な父さんが、弁当を作りはじめた
子ども達はしあわせを味わってるよ

おっ、
この頃、色が変わって来た
だって、
父さんは、大人になったから、 、 、

■もも(チャラン・ポ・ランタン)
いやどう考えても完全にコワイ鬼ぃさんの作ったものとは思えない、カラフルで見てるだけで楽しいお弁当たち。あのTOSHI-LOWさんがニコニコしながら作ってると思うとちょっとゾッとするし、真顔で作ってたとしてもジワジワくるし……(笑)

■横山健(Ken Yokoyama/Hi-Standard)
オレがトシくんの弁当の話で一番のお気に入りは「酔っ払って作ったから味付けがめちゃ濃くなった」話。そりゃ居酒屋の味付けになるよね。そういう親父の背中を見て、二人の息子達も、愛情は深いけどなにかが致命的に欠落した人間に育っていくんだなぁと思うと胸熱だよ。

■渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、 THE ZOOT16)
お弁当を作っているミュージシャンのなかで「僕が一番CDが売れてる」って自分で言ってたんですけど、これで超えられますね(笑)。僕のなかでは池波正太郎以来となる新「男の作法」。男の人全員読んでほしい。文章も含めて、素晴らしいひとつの物語と言うか、小説を読んだ気がしました。情景が浮かぶ。それと僕もいつも言ってるんですけど、食べた息子がえらい!

[コメント寄稿者抜粋]
相澤陽介(ファッションデザイナー)/井浦新/大森はじめ・川上つよし(東京スカパラダイスオーケストラ)/片平里菜/川畑要(CHEMISTRY)/後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/仙波レナ/ダイキ(ブリリアン) /高野寛/高山都/TAKUMA(10-FEET)/武田航平/田村亮(ロンドンブーツ1号2号)/VERDY/濱口優(よゐこ)/マキシマムザ亮君・ナヲ(マキシマム ザ ホルモン)/松浦美穂(TWIGGY.オーナー)/もも(チャラン・ポ・ランタン)/八重樫東/横山健(Ken Yokoyama/Hi-Standard)/善し(COWCOW)/渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、THE ZOOT16)ほか、料理講師、行きつけのバーの店長 農家など多彩な面々がコメントを寄稿。

『鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~』

2019年5月22日(水)発売
本体価格 ¥1,389円+税
サイズ:A5判
発行・発売:ぴあ

<鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~』発売記念イベント>

2019年
5月24日(金)大阪・梅田 蔦屋書店
TOSHI-LOWサイン会
19:00~
定員:先着100名

5月31日(金)愛知・星野書店 近鉄パッセ店
TOSHI-LOWサイン会
19:00~
定員:先着100名

6月中旬〜下旬 東京都内某所にてトーク&ライブを予定
ゲストを含め、 詳細は後日発表予定

※サイン会参加には、会場となる各書店で5月22日発売予定の書籍『鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記』の購入が必要です。
※参加申込みは各書店まで。書籍発売前の予約申込みも可能です。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス