Roland BLOGが、ねごと 蒼山幸子のJUNO-DS音色制作現場に潜入、音色データのダウンロード企画も

ツイート

“ねごと”の蒼山幸子(Vo/Key)が、ロックマガジン「GiGS」6月号に登場、シンセサイザーでどのように音を創り上げてきたのかを語っている。Roland BLOGがその取材現場に潜入、人気曲「ループ」の音色データをダウンロードできるスペシャルな企画を展開している。

全国ワンマンツアー<お口ぽかーん!LAST TOUR ~寝ても覚めてもねごとじゃナイト~>が5月28日よりスタート、7月20日の東京・ZEPP DiverCity公演でその活動にピリオドを打つねごと。GiGS6月号(4月27日発売)では、ラスト・ライヴに先駆け発売された、彼女達のキャリアを網羅するベストアルバム『NEGOTO BEST』(4月24日発売)を題材に、蒼山幸子がどのように歴代音色を創り上げていったのか改めて現在から遡ってじっくりインタビューしている。

その取材現場に潜入したのがRoland BLOG。ローランド製品に関するTipsやイベント&キャンペーン情報、アーティスト・インタビューを掲載しているローランドのウェブサイトのコンテンツで、蒼山幸子も過去数回にわたり登場している。

今回の潜入記事では、長年ローランド製シンセサイザーを愛用している蒼山幸子が、音色づくりとこれまで使用してきた器材について語る模様を掲載。さらに彼女達が最初に作った曲でもある「ループ」の音色を、ローランドのシンセサイザー「JUNO-DS」で完全再現、その音色データをダウンロードして楽しむことができるスペシャルな企画が実現した(ダウンロードはPCのみ)。「JUNO-DS」ユーザーは、このデータを使って「ループ」の完全再現に挑戦してみよう。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス