全米アルバム・チャート、ヴァンパイア・ウィークエンドが1位

ツイート
(C) Monika Mogi

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ヴァンパイア・ウィークエンドの6年ぶりの新作で4枚目のスタジオ・アルバム『Father Of The Bride』が初登場で1位を獲得した。彼らにとって、セカンド『Contra』(2010年)、前作『Modern Vampires Of The City』(2013年)に続く3枚目の全米No.1アルバムとなった。

◆ヴァンパイア・ウィークエンド画像

2位にはビリー・アイリッシュの『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』が先週の4位から、3位にはカリードの『Free Spirit』が5位から、それぞれ2ランク再浮上した。どちらの作品もリリースされてすぐ全米1位を獲得している。

今週は、1位のヴァンパイア・ウィークエンドほか、ラッパー/シンガーPnB Rockのセカンド・アルバム『Trapstar Turnt Popstar』が4位にチャート・インし、彼にとって初の全米トップ10ヒットとなった。

先週トップに初登場したピンクの『Hurts 2B Human』は、全英では2週目の1位をキープしたが、全米では6位に後退している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス