80年代/90年代の個性的なデジタルキーボード音源コレクション「Key Suite Digital」

ツイート

80年代から90年代、デジタル技術によって鍵盤楽器が大きな進歩を遂げた、昭和の時代に生まれた特徴的な個性を持ったデジタルキーボード音源モジュールのヴィンテージサウンドを集めたコレクション、「Key Suite Digital」がUVIより登場。現在、お得な発売記念価格で購入可能だ。

鍵盤楽器におけるデジタル革命の黎明期に生まれ、その特徴的な響きにより今もなお多くの音楽の中に息づく80年代と90年代のヴィンテージデジタルキーボードモジュール。「Key Suite Digital」のコンセプトは、これら名器のサウンドをそのままに、同時発音数など当時の制約を取り除き、現代的なパラメーターを備えた扱いやすいソフトウェア音源コレクションとして提供することにある。アコースティックピアノをはじめ、エレクトリックピアノ、クラビネット、ビブラフォーン、ハープシコード、リュートなど数多くのヴィンテージローファイデジタルサウンドが含まれる。


20年を超えるサンプルベース音源開発の経験を生かした、クラシック音源モジュールをベースとしたサウンドコレクションである「Key Suite Digital」。実機の個性に合わせた機材選定と詳細な収録、卓越した音質、洗練されたプログラミングとコントロールにより、業務スタジオで収録されたサウンドをそのまま扱えるソフトウェア音源に仕上げた。

さまざまな機能を駆使した自由なサウンドデザインが可能なのも「Key Suite Digital」の魅力。マルチマイクコントロールやIRリバーブ、ドライブ、EQ、マルチモードモジュレーション、ディレイとSparkverbによるプログレードのエフェクトの装備はもちろん、エンベロープやフィルターによるサウンドクリエーションまで、これまでのヴィンテージキーボード音源にはない魅力と機能を備える。


▲各モジュールにはエディット画面、エフェクト設定画面を用意。画面は「THE TWENTY」。

「Key Suite Digital」は、UVIのフラッグシップインストゥルメントの「Falcon」または無償提供の「UVI Workstation」のライブラリーとして64bitシステム環境で動作し、すべてのメジャーDAWのプラグインとして扱うことが可能。最新のiLokシステムにより、コンピュータ/iLokキー問わず最大で3つまでのデバイスに認証して同時利用できる。

製品情報

◆Key Suite Digital
発売記念価格:49米ドル/欧州ユーロ(UVIストア価格)/ 5,400円(税込国 内UVIセールスパートナー価格) ※2019年5月22日まで
通常価格:79ドル/ユーロ(UVIストア価格)/ 9,720円(税込 国内UVIセールスパートナー価格) ※2019年5月23日以降
発売日:2019年5月9日
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス