<阿蘇ロック>北九州で開催決定。泉谷、AK-69、竹原ピストル、ももクロら出演

ツイート

<阿蘇ロックフェスティバル 2019 in 北九州>が、9月29日(日)に福岡・ミクニワールドスタジアム北九州で開催されることが決定した。

◆出演者画像

<阿蘇ロックフェスティバル>は、泉谷しげるが発起人となって2015年に熊本で初開催された音楽イベント。今年は完成して3年目という真新しいスタジアムを舞台として、北九州市での初開催を迎えることになる。開催決定と併せて出演アーティストの第一弾発表が行なわれ、泉谷しげる with BAND、AK-69、竹原ピストル、ももいろクローバーZの4組の出演が明らかになった。


▲泉谷しげる


▲AK-69


▲竹原ピストル


▲ももいろクローバーZ

開催に向けて、泉谷しげるは次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

『阿蘇ロックフェスティバル2019 in北九州』
今年の阿蘇ロックフェスティバルは、北九州市の『ミクニワールドスタジアム』で行う事になりました。
なぜ阿蘇ロックフェスティバルが北九州市で?と、この開催決定に違和感を持つ方々が多分に居るとは思いますが、タイトルを変えることなく「志」のままにフェスを行ってほしいと、北九州市の熱い思いに応えての開催なのです。
熊本大地震、阿蘇山噴火は九州地方だけの出来事にとどまらず全国の関心事となった以上、北九州市でフェスを行うのは必然であり理想的でもあります。
北九州市のミクニスタジアムは、本来サッカー場として運営されていますが、北九州市民から音楽イベントをやってほしいとの声が多く、その熱き要望に応え、ミクニスタジアムで初の音楽イベントとなる『阿蘇ロックフェスティバル』を実施します。初イベントにふさわしい、期待以上のアーティストの参加を目指します。
そして、今年になって、阿蘇地域全体で2020年度にインフラ復旧の大きな山場が来ることが発表になりました。今年は、阿蘇観光PR版としての阿蘇ロックフェスティバルを政令指定都市である「北九州市」で開催し、阿蘇観光の復活に一翼を担えたらと思っています。

・俵山トンネル2019年秋全線開通
・二重峠トンネル2020年夏開通
・阿蘇大橋2020年度開通
・JR豊肥本線 2020年度運転再開予定
・南阿蘇鉄道 2022年度全線再開予定

今回の阿蘇ロックフェスティバルは北九州に出張してのパッケージイベントでは決してなく、北九州市で開催するからこそ一味もふた味も違う新たな阿蘇ロックフェスティバルと云われるよう記憶に残るイベントにしたいと思っています。
全国からの応援よろしくお願いします。

泉谷しげる

   ◆   ◆   ◆

今週末5月18日(土)正午からは、チケットの先行受付が開始される予定となっている。

<阿蘇ロックフェスティバル 2019 in 北九州>

2019年9月29日(日)福岡・ミクニワールドスタジアム北九州
※雨天決行/荒天中止
時間:開場9:00/開演11:00 (予定)(終演予定20:00)

チケット料金(税込):
・アリーナ(自由)一般・・・9,000円
・アリーナ(自由)熊本県民券・・・8,000円
・スタンド(指定席)一般・・・9,000円
・スタンド(指定席)熊本県民券・・・8,000円
※熊本県民券は熊本県に在住の方のみお申込みいただけます。当日、現住所が確認できる身分証を必ずご持参ください。確認できない場合には差額のお支払いが必要となります。

受付期間:
一次先行受付(先着):2019年5月18日(土)12:00〜6月3日(月)23:59
一般発売:2019年7月20日(土)10:00〜

※注意事項等の詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください:
http://aso-rockfes.com/

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス