ゼイン&ジャヴァイアによるエンド・ソングも収録、『アラジン』サントラ発売決定

ツイート

映画『アラジン』(6月7日公開)のオリジナル・サウンドトラックが、英語盤、日本語盤、そしてその両方の内容を収録したデラックス盤の3つの形態で6月5日に発売されることが決定した。

◆『アラジン』関連画像、動画

ガイ・リッチーが監督を務めた『アラジン』は、1992年の名作長編アニメーションを空前のスケールで実写化したディズニー最新作。アニメーション版に続いてアラン・メンケンが音楽を手がけるほか、ソングライターとして『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』などで知られるベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビも参加しているという。

サウンドトラック・アルバムの英語盤には、“ランプの魔人”ジーニー役のウィル・スミスや、アラジン役の新鋭メナ・マスード、ジャスミン役のナオミ・スコットらによる英語歌を収録。日本語盤には中村倫也、木下晴香、山寺宏一ら“プレミアム吹替版”キャストが歌う日本語歌が収められる。ゼインとジャヴァイア・ワードのデュエットで話題のエンド・ソング「ホール・ニュー・ワールド」とアラン・メンケンによるスコアは、3形態すべてに収録されるということだ。


▲英語盤ジャケット


▲日本語盤ジャケット


▲デラックス盤ジャケット

なお、ゼインとジャヴァイアが歌う「ホール・ニュー・ワールド」は日本時間5月10日より先行配信中。リリースに合わせて、フィリップ・アンデルマンが監督を務めたミュージック・ビデオも公開されている。


(C) 2019 Disney Enterprises, Inc.

V.A.『アラジン オリジナル・サウンドトラック』

2019年6月5日(水)発売
■英語盤
UWCD-1026 税込¥2,700
※英語歌+スコア収録
(配信:5月22日(水)〜)

■日本語盤
UWCD-1027 税込¥2,700
※日本語歌+スコア収録
※デジタル・アルバムにはカラオケ音源収録予定

■デラックス盤
UWCD-1028/29 税込¥3,700
※DISC1英語歌+スコア、DISC2 日本語歌+カラオケ音源

アルバム予約・試聴:
https://VA.lnk.to/aladdin_OSTPR

ZAYN&ジャヴァイア・ワード「ホール・ニュー・ワールド」

2019年5月10日(金)配信開始

この記事をツイート

この記事の関連情報