ケイシー・マスグレイヴス、単独来日公演大盛況。着物ダンサーとの共演も

ツイート

ケイシー・マスグレイヴスの初の単独来日公演が5月20日(月)、東京・LIQUIDROOMにて開催された。

◆ケイシー・マスグレイヴス画像

2月の第61回グラミー賞では年間最優秀アルバムを含む4冠を達成し、チャイルディッシュ・ガンビーノと並ぶ最多受賞に輝いたケイシー。一夜限りの東京公演のチケットはもちろんソールドアウトとなり、フロアは開演前から満場のオーディエンスの期待と熱気に包まれた。以下、同公演のオフィシャル・レポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

ケイシーは、グラミー賞を獲得した最新アルバム『ゴールデン・アワー』(2018年7月日本発売)を中心に、グロリア・ゲイナーの「恋のサバイバル」(原題:I Will Survive)のカバー曲などを含め、全19曲を披露。海外では、先日行われた<コーチェラ・フェスティヴァル>をはじめ、普段大規模なライブを行っている彼女。ギター、バンジョー、キーボード、チェロ、ベース、ドラムなどフル・バンドと、楽曲にリンクする素晴らしいステージ・プロダクションを携えて、キャパシティーを問わない、世界トップ・レベルのパフォーマンスを魅せてくれた。


ライブは、アルバム『ゴールデン・アワー』1曲目収録の「スロウ・バーン」からまさに“スロウに”スタート。その後、彼女の特徴である、カントリー・ミュージックとポップスのクロスオーヴァ―が素晴らしい楽しい楽曲と、スロウで、心を浄化されるような透き通る歌声と柔らかいパフォーマンスが続き、思わず涙する人も。また、洋楽アーティストの公演とは思えないほど、終始、全ての曲でケイシーとお客さんの合唱が続き、非常に待望された来日公演だったことが手に取るように分かった。

今回、3度目の来日となったケイシーは、サンリオや宮崎駿監督の映画作品の大ファンなど、大の親日家であるが故、ライブ中に「コンニチワ!コンバンワ!アリガトウゴザイマス!あ、あと、スミマセン!」など知っている日本語を数回披露。また、「前回の来日では原宿での買い物に時間を費やし過ぎちゃった。今回は、寿司トレイン(ミニ電車に乗って寿司が流れてくる回転寿司)に行って、終始笑ってたの!」などというエピソードも語ってくれた。

ライブ中盤では、6人のバンド・メンバーを一人ひとり、丁寧に紹介。順に名前を呼ぶのはもちろんのこと、「彼は、(アメリカの)〇〇州出身の〇〇です!」と、メンバーの出身地含め、一人ずつを紹介。バンド・メンバーを家族のように想う、ケイシーの優しい一面が垣間見られる瞬間だった。


最後に披露した楽曲は、日本でケイシーの代名詞ソングと言っても過言ではないヒット・シングル「ハイ・ホース」。自身の楽曲でも、数少ないアップテンポで、縦ノリができる楽しい曲に、会場の熱気はこの日のピークに。そして、曲の中盤からはなんと、着物を着た日本人ダンサーが2名登場。2人はゴールドの煌びやかな扇子を持ち、「ハイ・ホース」のリズムに乗ってパフォーマンスを盛り上げた。ライブ用にアレンジされた長めのアウトロでは、ケイシー自身も扇子を手に持ち、3人でコラボ・ダンスを披露。最高潮の中、会場は幸福感に包まれたまま、約90分の初来日公演は幕を閉じた。

ステージを降りる直前に、「早くまた日本に戻ってきても良いかしら!?」と観客に質問を投げかけたケイシー。待望の再来日はいつ頃になるのか、ケイシーから今後も目が離せない。

撮影◎@_24young_


   ◆   ◆   ◆

■<Kacey Musgraves oh, what a world: tour>2019年5月20日(月)東京・LIQUIDROOM公演 セットリスト

1. スロウ・バーン
2. ワンダー・ウーマン
3. バタフライズ
4. ロンリー・ウィークエンド
5. ハッピー&サッド
6. メリー・ゴーラウンド
7. ウェスタン・ジャム~ハイ・タイム(メドレー)
8. ゴールデン・アワー
9. ダイ・ファン
10. マザー
11. オー、ホワット・ア・ワールド
12. ファミリー・イズ・ファミリー
13. ラヴ・イズ・ア・ワイルド・シング
14. ヴェルヴェット・エルヴィス
15. 恋のサバイバル(カバー)
16. スペース・カウボーイ
17. フォロー・ユア・アロウ
18. レインボー
19. ハイ・ホース

ケイシー・マスグレイヴス『ゴールデン・アワー』

2018年7月4日(水)発売
UICO-1303 ¥2,500+税
※歌詞・対訳、解説、日本盤ボーナス・トラック3曲収録
[トラックリスト]
1. スロウ・バーン/Slow Burn
2. ロンリー・ウィークエンド/Lonely Weekend
3. バタフライズ/Butterflies 
4. オー、ホワット・ア・ワールド/Oh, What a World
5. マザー/Mother
6. ラヴ・イズ・ア・ワイルド・シング/Love Is a Wild Thing
7. スペース・カウボーイ/Space Cowboy
8. ハッピー&サッド/Happy & Sad
9. ヴェルヴェット・エルヴィス/Velvet Elvis
10. ワンダー・ウーマン/Wonder Woman
11. ハイ・ホース/High Horse
12. ゴールデン・アワー/Golden Hour
13. レインボー/Rainbow
14. メリー・ゴーラウンド/Merry Go ‘Round  ※
15. フォロー・ユア・アロウ/Follow Your Arrow ※
16. ハイ・ホース(ヴァイオレンツ・リミックス)/High Horse (Violents Remix) ※
※国内盤ボーナス・トラック

詳細・購入:https://umj.lnk.to/kmgh

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス