【インタビュー】倉木麻衣、アルバム制作中の倉木麻衣を直撃 20周年プロジェクトにかける思いをたっぷり

ツイート

ついに始まった、倉木麻衣の20周年プロジェクト。まずは3月20日にダブルA面シングル「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」をリリース、続いて4月末から5月にかけて、ビルボードクラシックスとタッグを組んだ新しいシンフォニー・コンサートを東京と兵庫で開催。さらに7月末の海外公演を経て、8月14日には待望のニュー・アルバムをリリース、そして全国15本に及ぶライブ・ツアー。ノンストップで駆け抜ける怒涛のスケジュールの真っただ中、BARKSはアルバム制作中の倉木麻衣を直撃し、20周年プロジェクトにかける思いをたっぷりと語ってもらった。

■歌い方が少し変わってきましたが原点というものは忘れない
■「Love,Day After Tomorrow」のイントロが流れてくると16歳の気持ちに


――20周年の第一弾リリースは、お馴染み『名探偵コナン』とのコラボレーションでしたね。1月に放送されたスペシャルTV番組の、オープニング・テーマと主題歌の2曲。

倉木麻衣(以下、倉木):一つが「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」という、今までで一番長いタイトルの曲です(笑)。全部書くのが大変で、ファンの方には「きみ恋 いつ夢」で覚えていただいているようです。今回の『名探偵コナン 紅の修学旅行(鮮紅編・恋紅編)』は京都の清水寺が舞台になっていて、新一くんと蘭ちゃんの恋愛模様の進展がテーマになっています。お互いが告白して、愛を育てて、二人だけの世界がずっと続いていけばいいなという、ロマンチックなストーリーなんです。その世界を表現するのに“月”をテーマにしようと思っていて、夜に誰かを思う切ない気持ちや、二人だけのロマンチックな世界観を表現したくて、歌詞に“Eternal Moon”という言葉が出てくるんですけど、最初はそれをタイトルにしようと思ったんですね。でも一番伝えたいメッセージはサビの部分なので、そこを丸ごと取って、長いタイトルにさせていただきました(笑)。

――逆にキャッチーですよ。インパクトがすごい。

倉木:楽曲的には、また新しい感じの和と洋とが溶け合ったすごくメロディアスな曲調で、ボーカリストとしては難しい旋律です。三連音符が何度も出てくるので、歌のコントロールが大変なんですが、20周年を機に新しい楽曲をお伝えして、『名探偵コナン』の世界観もどんどん進化していることもお伝えできたらと思い作りました。ジャケットもすごくこだわって、月の世界を表現するために月の中に横たわっているようなシチュエーションをテーマにしています(*初回限定盤A)。実は大量のスモークで、“ゲホゲホ”言いながら撮ったんですけど(笑)。


▲「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」【初回限定盤A (CD+DVD)】V


▲「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」【初回限定盤B (CD+DVD)】


▲「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」【名探偵コナン盤 (CD+DVD)】


▲「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」【通常盤 (CD)】

――あはは。それは言わない方がいいかも。

倉木:合成に見えるんですけど、実は体を張って撮影しています(笑)。楽曲が出来上がって、詞を乗せてトータルで聴いた時に、スタッフさんから「ウェディングソングとしてもぴったりなんじゃないか」というお話をいただいて、衣装もウェディングをイメージするようなものにしました。イベント(1月20日/ゲートシティ大崎アトリウム)でも、そういう衣装で歌わせていただきましたね。一人ウェディングという、自虐的なシチュエーションでしたけれども(笑)。

――そんなことないです(笑)。あの時はコナンくんがエスコートしてくれました。

倉木:もう1曲の「薔薇色の人生」という曲は、2018年はいろんなスタイルで自分の音楽を届けさせていただいて、みなさんと笑顔を繋いでこられたので、2019年も素晴らしい1年になりますようにという願いを込めて「薔薇色の人生」というすごく明るいタイトルをつけさせていただきました。“薔薇色の人生”という言葉からイメージすると、とても豪華で華やかな感じがしますけど、その後ろには葛藤や悩みや、いろんな環境で戦っている姿があって、いろんなシチュエーションで夢をつかむために頑張っている方に、力強いメッセージを届けたいというイメージで書かせていただきました。アップテンポの楽曲なので、みんなと一緒に口ずさんでライブでも一緒に共有して、前向きな気持ちでそれぞれの人生が明るく薔薇色な幸せなものになりますように、ということですね。

――20周年にふさわしい2曲だと思います。

倉木:リリース・イベントで披露させていただいた時も、みなさん予習してくださって、ライブ会場のように乗って歌ってくださって。これからツアーで歌うのがすごく楽しみな楽曲ですね。

――『名探偵コナン』と言えば。1月のスペシャル番組で、声優をやられましたよね。

倉木:そうなんです! お話をいただいた時に、「え、声優ですか? できるかな」って思ったんですけども。『名探偵コナン』は最初から漫画を買って読んでいたくらい大好きな作品なので、「いつか」とは思っていました。このタイミングで貴重な機会をいただけて、演劇部だった頃を思い出して、「あえいうえおあお」とか発声から始めて(笑)。いっぱい練習して、当日スタジオに行ったんですけど、歌う時とは違って目の前にモニターがあるんですね。まだラフな段階のアニメーションを流して、それに合わせて録っていくんですけど、タイミングを合わせるのがすごく大変なんです。しかもセリフの速さや声のトーンによって全く違って聞こえたり、普段の声よりも180%ぐらいでやらないとちゃんと聞こえないんです。声優さんってすごいなと思いましたね。

――ああー。同じ録音でも全然違う。

倉木:セリフもけっこうたくさんあって、普段言わないような言葉もあったのでけっこう大変でした。“キュンキュンしちゃうよ”ってセリフがあったんですけど、普段言わないなーと思いつつ(笑)。キャスパー(*以前に飼っていた愛犬)を散歩させた時の、かわいらしい表情を思い出したりしながら、録っていきました。宝物のような経験になったと思います。いろんなイベントで直接感想をいただくこともあったのですが、テレビの前で正座して見てくださって、ちゃんとしゃべれるのかって心配してくださったりとか(笑)。倉木麻衣の役というそのままのシチュエーションだったんですけど、アニメの中の倉木麻衣というのはまた少し違って難しかったんですけど、ナチュラルで良かったという声もたくさんいただいて嬉しかったです。また機会があれば、ぜひチャレンジしたいです。

――これを読んでいるアニメ業界の方はぜひ倉木麻衣に連絡を。

倉木:よろしくお願いします(笑)。

――そして、20年といえば成人式ですね。いわば倉木麻衣のアーティスト成人式。

倉木:振り返ると、あっという間でした。1年1年、全力で取り組んできたからだと思います。

――歌手として、大人になったなという実感は?

倉木:それは、あんまり感じたことはないですね。実感がないです。いろんな楽曲にトライさせていただいているので、それが大きいかもしれないですね。もっとうまく歌えるだろうとか、常に考えてしまうので。

――たとえばデビュー曲の「Love,Day After Tomorrow」は20年歌い続けて、歌う時の気持ちが変わるとかは?

倉木:やっぱり10代、20代、30代と、いろんな経験をさせていただいて、いろんなライブで出会うファンの方の思いが入ってくるので、歌い方が少し変わっていると思います。これからまた、変わっていくかもしれないですね。でもやっぱり、原点というものは忘れない気持ちはあります。「Love,Day After Tomorrow」のイントロが流れてくると、16歳の気持ちになりますね。音楽って不思議ですね。その時の思い出を蘇えらせてくれたりとか、その時の匂いを覚えていたりとか、しませんか?

――ありますね。その曲を聴いた時の思い出として。
倉木:五感と一緒に覚えていたりするので。ライブをしていて、そういうものが脳裏に浮かぶことはありますね。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス