【インタビュー】SiXX、DAISHI(Psycho le Cému)の別プロジェクトが7年間の集大成「ここが出発点」

ツイート

“サックスガレージロック”を鳴らすべく、Psycho le CémuのDAISHIが中心となって結成されたバンドがSiXXだ。結成は2012年、ライブハウスをメインに活動してきた5ピースによる1stフルアルバム『ROLLIN’LIFE』が6月6日にリリースされる。メンバーと繋がりのあるJUON (FUZZY CONTROL)、ミヤ(MUCC)、PABLO (Pay money To my Pain / POLPO)、加藤ひさし(THE COLLECTORS)などプロデュース陣の豪華な顔ぶれも話題を呼んでいるが、注目はすべきはシンプルでグルーヴィーでヤンチャで理屈抜きにカッコいいSiXXの音楽性にある。時代が令和になろうと色褪せないロックンロールの魅力が詰め込まれているのだ。

◆SiXX 画像

サポートドラマーの匠郎を除く、DAISHI、DAISUKE、レイジ、雄飛の4人によるインタビューでは結成の経緯から、品川ヒロシが監督を務め、Calmera Hornsや芸人など多数がゲスト出演した「ROLLIN' LIFE」のミュージックビデオの裏話、プロデューサー陣とのエピソードなどをたっぷり語ってもらった。豪華アーティストや著名芸人が協力したくなるのも納得、彼らの音楽性と人間性の豊かさが滲み出た8000字のロングインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■シングル1枚すらリリースしてないけど
■僕らの中では勝手にベストアルバムです

──じっとして聴いているのが難しいほど、グルーヴ感たっぷりのロックンロールを鳴らしているSiXXですが、そもそもの結成のいきさつは?

DAISHI:もともと僕がPsycho le Cémuとは別に、ロックンロールをやりたいと思って、ギターのDAISUKEさんとTHE ROMEOというバンドを組んだのが始まりなんですよ。当時からサックスのレイジくんもゲスト参加してくれていたんですけど、もっとサックスに特化したバンドにしたいと思って新たに組んだのがSiXXです。

──サックスガレージロックをやるバンドを結成したいと。

DAISHI:はい。ベースの雄飛くんは当時のドラマーの紹介で入って。

雄飛:そうですね。僕はSiXXから加入しました。

DAISHI:「とんでもない男前がいるぞ」と聞いて(笑)。

雄飛:いやいやいや(笑)。

DAISHI:TOKIOの長瀬さんみたいな(笑)。

──確かに。結成は2012年ですか?

DAISUKE:初ライブが2012年ですね。

──ということは結成10周年も間近じゃないですか?

DAISHI:イヤですねー(笑)。自分たちの中で音が固まるまでが長くて、音源もライブ会場で手売りしていたので、インタビューも今回初めてならアルバム出すのも初めてなんですよ。何回もプリプロを重ねてようやくです。

DAISUKE:ここが出発点ですね。

▲DAISHI (Vo)

──アルバム『ROLLIN’LIFE』を聴く限り、みなさんが好きな音楽は共通しているのかなと思ったのですが。

DAISHI:それが、けっこうバラバラなんですよ。サックスのレイジくんは音大出てますし。

レイジ:僕はジャズをやってて、あまりロックを通ってこなかったんですよ。こういうスタイルのバンドはTHE ROMEOが初めて。

DAISHI:当時のドラムの岡本くんが「シド・ヴィシャスみたいなサックスがいるんですよ」と言ってて(笑)。実際に会ったらファッションもパンクだし。

レイジ:ピストルズはまんま影響受けてます。

DAISHI:で、DAISUKEさんはロックンロールなギタリスト。

DAISUKE:そうですね。僕は前からSiXXに近い音楽をやってました。

──出身が福岡ということは、サンハウスとかシーナ&ザ・ロケッツ、ザ・モッズ、ザ・ルースターズなどビートのキレ味が命みたいなバンドを輩出してきた土地柄、ということもありますか。

DAISUKE:確かにそういう先輩方がいっぱいいらっしゃって。

DAISHI:まさにDAISUKEさんはそういうギタリストですね。当時はテレキャス弾いててね。

DAISUKE:ジャキッとした音で。

雄飛:僕は世代がちょっと下っていうのもあって、J-POPを含む1990年代後半の音楽と2000年代のエモやスクリーモが好きなんです。

DAISHI:僕はパンクとかロックンロールが「悪そうでカッコいいな」と思ったのが遅くて、20代後半だったんですよ。

DAISUKE:だから、僕らが出会ったタイミングがちょうど良かったんです。

DAISHI:当時、Psycho le CémuがTVの音楽番組に出たときに浅井健一さんと一緒になって。曲と歌詞に「この人、なんなんだ?」ってビックリしたんです。遡って、BLANKEY JET CITYからCDを買い漁って、聴いたら初めてヴィジュアル系を聴いた少年時代に通じるときめきというか衝撃が走ったんですよ。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTも聴いて、さらに遡ってストレイ・キャッツとか洋楽にもハマり、ジェットとかフランツ・フェルディナンドも好きになって、ストレイ・キャッツの流れからブライアン・セッツァー・オーケストラ聴いたら「管楽器、カッコいい!」って(笑)。

アルバム『ROLLIN’LIFE』

──ビッグバンドですね。確かに日本でいうとブランキーやミッシェルに代表されるロックから影響を受けたであろうエッセンスがSiXXには感じられます。こういう匂いのするロックンロールをやっているバンドって、今、意外と少ないですよね。それと風通しがいい曲が多くて聴いていると気持ちが楽になります。

DAISHI:ありがとうございます。

──JUONさん (FUZZY CONTROL)、ミヤさん(MUCC)、PABLO さん(Pay money To my Pain / POLPO)、加藤ひさしさん(THE COLLECTORS)とプロデューサー陣も豪華ですが、アルバムの制作にはいつから取りかかっていたんですか?

DAISHI:目眩するぐらい長いですよ。5年近く?

雄飛:僕が加入したときにはもうプリプロやってましたね。

──ということは、5年以上でしょうね。新曲をライブで披露して「これ入れようか?」っていう作り方ですか?

DAISHI:そういうケースもありますけど、焦らずじっくり。数ヶ月以内に100曲書くっていう期限を設けた時期もあって、集まった曲を歌詞も含めてふるいにかけたんですよ。だから、シングル1枚すらリリースしてないけど、僕らの中では勝手にベストアルバムです(笑)。

──7年間の集大成といってもいいぐらいの?

DAISHI:そう。全てが勝ち抜いた曲なので、胸を張って出し切った。清々しい気持ちですね。

──豪華プロデューサー陣を迎えた理由というのは?

DAISHI:SiXXの音楽がより広がってほしいという想いがありつつ、リスペクトしている方にプロデュースしていただきたい気持ちが強かったですね。僕らが天才だと思っている方ばかりです。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス