藤田麻衣子、2度目のオーケストラコンサート実現「素敵な時間を一緒に」

ツイート

藤田麻衣子が5月25日、東京・文京シビックホール(大ホール)にて、2年ぶり2度目となるオーケストラコンサート<藤田麻衣子 オーケストラコンサート2019>を開催した。

◆藤田麻衣子 画像

藤田がこれまでの音楽活動の中でずっと“夢”として語り続けてきたオーケストラコンサート。今回も自身が敬愛してやまない羽毛田丈史を音楽監督に迎え、総勢47名の音楽家からなる“藤田麻衣子スペシャルオーケストラ”と共に、アンコールを含め計14曲、約2時間の濃厚なステージで満場のオーディエンスを魅了した。以下、そのオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

5月25日、シンガーソングライターの藤田麻衣子が文京シビックホールでオーケストラコンサートを開催した。音楽を志した当初からオーケストラをバックに歌うことを目標に邁進してきた彼女が、その夢を初めて叶えたのは2017年4月のこと。そこでの経験は大きな喜び、楽しさを自身に与え、さらなるクリエイティビティを育むことにもなった。そして前回から約2年を経て、2度目のオーケストラコンサートが実現した運びだ。

開演を告げる鐘の音を合図に、指揮者・渡辺一雄、ピアニスト・斉藤有太を筆頭に、この日の音楽監督を務めた羽毛田丈夫が招集した名だたる音楽家、総勢47名からなる“藤田麻衣子スペシャルオーケストラ”が荘厳なインスト「OVERTURE」を演奏。それに導かれるように深紅のドレスを纏った藤田がステージ上に姿を現し、コンサートの幕が上がった。

1曲目に披露されたのは、オーケストラコンサート実現にあたって書き下ろされ、2年前のステージでラストに歌われていた未音源化曲「スポットライト」。夢を叶えたことへの気持ちを赤裸々に紡いだ大切なナンバーによって、前回のオーケストラコンサートとの繋がりを作り上げ、今もなお膨らみ続けているオーケストラへの愛情と憧れを情感に満ちた歌声でしっかりと提示していく。

「今日は大好きな音楽とかオーケストラアレンジとかホールの雰囲気とか、自分のときめくものをいっぱい詰め込んだステージになっています。ぜひ素敵な時間を一緒に過ごしてください」──藤田麻衣子

時にあたたかく、時にせつなく、時にスリリングで鋭い表情を見せるオーケストラの変幻自在なサウンドスケープに合わせ、藤田の歌声も音源以上にエモーショナルで、ダイナミズムに溢れた響きで各曲に思いを注ぎ込んでいく。「ねぇ」「高鳴る」といった自身のナンバーはもちろん、昨年リリースしたカバーアルバム『惚れ歌』収録の「SAY YES」(CHAGE and ASKA)、「もう恋なんてしない」(槇原敬之)といったカバーも披露。素晴らしいアレンジが施された楽曲たちに、観客は息を飲み、その世界に心地よく引き込まれていく。


彼女がもっとも嫌いな感情だという“やきもち”をテーマにした人気曲「写真」と「嫉妬」では、相手を愛するが故に芽生えてしまう負の感情を美しいメロディに乗せてリアルに吐き出していく。藤田の真骨頂とも言えるスタイルにオーケストラアレンジが加わることで、より心を震わせる仕上がりになっていたのが印象的だ。

その後も「雪の華」(中島美嘉)、「サウダージ」(ポルノグラフィティ)といったカバーや、今年2月・3月に「NHK みんなのうた」で流されていた「wish ~キボウ~」、「運命の人」といったバラエティに富んだラインナップで会場を魅了。音楽の持つ根源的な力をふくよかに表現し尽くしていく。そして本編ラストには、リリースから6年経った今もなお新たなファンが増え続けているという、両親への感謝を綴った重要な1曲「手紙 ~愛するあなたへ~」を。ここでは藤田自身がピアノを弾いて歌うことで、より深くオーケストラとの“共演”を果たした。曲の後半で盛り込まれたアカペラでの歌唱は多くの人の心を揺さぶり、感動の涙に溢れる中で本編は幕を閉じた。

アンコールではデビュー曲である「恋に落ちて」と、最新アルバムからの「何度も何度でも」を歌い、13年にわたるキャリアの軌跡を凝縮してパフォーマンス。割れんばかりの拍手を受けながら約2時間半のコンサートは幕を閉じた。オーケストラと融合しながらもその存在感をしっかりと感じさせる藤田麻衣子の歌声。それは神が与えた偉大なる楽器でもある──そんなことをあらためて実感させてくれた素晴らしい一夜となった。

取材・文◎もりひでゆき
撮影◎高村祐介

   ◆   ◆   ◆

なお、アンコールでは、このコンサートの模様を収録した映像作品『藤田麻衣子 オーケストラコンサート2019』がデビュー記念日である9月6日(金)にリリースされることもサプライズで発表となった。Blu-rayディスク仕様の初回限定盤とDVDディスク仕様の通常盤の2フォーマットで、初回限定盤には映像作品と同じライブ音源を収録したCDと大型サイズのツアーパンフレットが封入される。

■<藤田麻衣子 オーケストラコンサート2019>セットリスト

2019年4月26日(金)東京・文京シビックホール(大ホール)
0. OVERTURE
1. スポットライト
2. ねぇ
3. 高鳴る
4. SAY YES(Cover)
5. もう恋なんてしない(Cover)
6. 写真
7. 嫉妬
〜休憩〜
8. 雪の華(Cover)
9. サウダージ(Cover)
10. wish 〜キボウ〜
11. 運命の人
12. 手紙 〜愛するあなたへ〜

En1. 恋に落ちて
En2. 何度も何度でも

映像作品『藤田麻衣子 オーケストラコンサート2019』

2019年9月6日(金)発売
■初回限定盤:VIZL-1627 ¥9,500+税
※Blu-rayディスク仕様
※ライブ音源CD封入
※ツアーパンフレット(大型サイズ)封入
■通常盤:VIBL-951 ¥5,000+税
※DVDディスク仕様

▼期間限定オンライン予約特典
9月6日リリースのライブBlu-ray、またはDVDを下記オンラインショップで予約すると、もれなく“藤田麻衣子 Special NoteBook 2019(A5サイズ、100P仕様)”をプレゼント。

期間:2019年5月25日(土)20:00~6月2日(日)23:59
オンラインショップ名:新星堂WonderGOO楽天市場店
・初回限定盤作品ページ https://item.rakuten.co.jp/wondergoo/4988002789627/
・通常盤作品ページ https://item.rakuten.co.jp/wondergoo/4988002789634/
※特典は、初回限定盤または通常盤1枚ご予約につき1冊のプレゼントとなります。
※特典は商品と同包にて発送されます。
※上記期間・ショップ以外のご予約では特典は付与されません。
詳細: https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A024695/294.html

この記事をツイート

この記事の関連情報