TFG、初ファンミーティング大盛況。第2回開催も決定

ツイート

TFGが5月27日(月)、グループとして初となるライブイベント<1st Fan Meeting「TFG おひろめFan Party」>を東京・渋谷 WWW Xにて開催した。

◆TFG画像(全11枚)、動画

TFGは、2.5次元舞台などを中心に活躍する俳優の赤澤遼太郎、前川優希、佐藤信長、坂垣怜次、堀田怜央、桜庭大翔、健人の7名で結成されたアーティストグループだ。この日のステージではライブパフォーマンスに加えて、それぞれの特技を交えながらの自己紹介や、グループのコンセプトでもある“感覚”をモチーフにしたゲーム大会など、盛りだくさんの企画で満場のファンを大いに沸かせた。以下、そのオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

2.5次元舞台などを中心に活躍する赤澤遼太郎、前川優希、佐藤信長、坂垣怜次、堀田怜央、桜庭大翔、健人の7名の俳優による新感覚アーティストグループ TFGが初お披露目として、5月27日に渋谷WWW Xで1st Fan meetingを開催。ミュージカル『テニスの王子様』、舞台『喜劇「おそ松さん」』、「MANKAI STAGE『A3!』」、『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』、舞台『刀剣乱舞』など、メンバー全員が話題の舞台で活躍中とあって、今回のFan meetingのチケットは一般発売後、なんと1分でソールドアウトとなった。グループ名のTFG(ティー・エフ・ジー)とは(Touchable FraGrance=触れる事のできる香り)という意味。 TFGを通じて、ファンが五感(=フレグランス)全てを刺激されるような感覚を楽しんでもらいたいという思いがグループ名に込められている。

会場となった渋谷WWW Xの前には、14時30分のスタートを前に午前中からグッズ購入や入場を待つ長蛇の列ができ、開場と同時にフロアは一瞬で埋め尽くされた。

ほぼ定刻と同時に、場内が暗転。大きな歓声の中、カラフルな衣装をまとったメンバー7名が登場した。最初に7月17日にリリースするデビューシングルから表題曲「My dear Summer」を披露。梅雨を通り越して真夏のようなこの日にピッタリのホットでファンキーなパーティーチューン。ステージ上では華麗なダンスと7人の個性・表情が融合し、アーティストとしてのTFGの魅力をこの1曲に最大限に込めて披露した。初めてのライブにもかかわらず、観客とのコール・アンド・レスポンスもバッチリとキマり、ステージとフロアが一体となった。


メンバーを代表して赤澤遼太郎が挨拶。「はーい、みなさんありがとうございます! TFGです! 本日は<おひろめFan Party>にご来場いただき、ありがとうございます! その前に、すみません、靴ひもを結んでもいいですか?」

第一部では、赤澤が会場の緊張感を一気に笑いに変えてみせた。「はい! 赤澤準備完了です。続いて2曲目、聴いてください」

次にカップリングナンバー「With You」を披露。バラを持ったメンバーがスツール(椅子)を使って魅惑の香りが漂うセクシーなダンスと歌でオーディエンスを魅了する。歌の最後にバラを投げる粋な演出に黄色い歓声が響く。

MCの永松文太がステージに上がり、Fan meetingがスタート。まずは前川優希が新曲について「作詞、作曲、編曲は、累計300万以上のダウンロードを記録した「君のすべてに feat. JUJU」や多数の大ヒット曲を持つ音楽ユニット・Spontaniaのメンバー、Tarantula氏と、数々の人気アーティストに楽曲提供しているDR. SWINGとCHEVY LEGATOによるプロデューサーデュオ、“T2H -Tokyo Trap House-”なんです」と説明。

MC永松の「マジで制作・スタッフ陣豪華ですけど、この曲の魅力はなんですか?」との問いには、佐藤が「ずばりここだっていう箇所があるんです。“♪お待ちどうさま!♪”っていうフレーズなんですけど、ここはみなさんと一体になれる素敵なパートです!」と語った。

ここで赤澤が「My dear Summer」のサビの部分、「♪My dear Summer〜♪」で手を左右に振って「♪お待ちどうさま!♪」で掛け声と同時にポーズをキメた手を前方にプッシュする振り付けを説明。一部、二部とも一回で振り付けを覚えたオーディエンスと盛り上がる。メンバーも「気持ちがいい!」とコメント。赤澤は「みなさんと一緒に楽しめる楽曲になればいいなと思っています。宜しくお願いします」と呼びかけた。

そしてここから自己紹介タイムへ。


「あなたの日常をピリッと刺激するスパイシーノート赤澤遼太郎です! 担当カラーはレッドです!」──赤澤遼太郎

ここで客席から「スパイシー!!」とスパイシーコールが起こる。「MANKAI STAGE『A3!』~ AUTUMN & WINTER 2019 ~」七尾太一役、舞台『喜劇「おそ松さん」』トド松役などで活躍する赤澤遼太郎は第一部、第二部とこれから特技にしたいと絶賛練習中のヨーヨーの技を披露。初心者向けの技かと思いきや、かなりのレベルに観客からも拍手が起こる。第二部ではヨーヨーに加えて“飛び後ろ回し蹴り”も披露。戦隊ヒーローのようなキックに大歓声。


次に舞台『刀剣乱舞』シリーズ 鶴丸国永役、舞台『どろろ』賽の目の三郎太役などで活躍する健人が登場。

「深い森林でどんな場所でも貴女を癒やします、ウッディーノート、健人です! 担当カラーはグリーンです!」──健人

赤澤に続いて、ウッディーコールが沸き起こる。健人は一部、二部と特技のダンスを披露し、観客を魅了した。

次に前川優希が登場。


「TFG3ヶ条、タフネス! ファンタスティック! グローバル! いつも貴女にハーブの香りを、ハーバルノート、前川優希です。担当カラーはブルーです!」──前川優希

「MANKAI STAGE『A3!』」シリーズ 皆木綴役、NHK 大河ドラマ『西郷どん』市来宗介役でも活躍の前川優希は、第一部で得意のブレイクダンスのマックスを披露。第二部ではマックスに加えて、趣味の写真撮影でミュージックビデオ撮影でのワンシーンを紹介した。


「みなさまをお花の香りで包みこむ、フローラルノート、佐藤信長です! 担当カラーはピンクです!」──佐藤信長

『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』“最強の場所”白布賢二郎役、舞台『レイルウェイ』滑川達也役、そして以前Eテレ「高校講座 物理基礎」にも出演していた佐藤信長は、第一部では趣味を超えた本格的なロードレースについて紹介。番組で筑波サーキットを貸し切って時速300kmも出るレース用のバイクで、200km走行した際の写真を紹介。第二部では高校生で地元の宮崎県選抜にも選ばれたバレーボールの腕前をビーチボールで披露した。同じく『ハイキュー!!』に出演していた桜庭大翔がトスを上げて、お客さんに向かって佐藤がバックアタック! フロア奥のお客さんにヒットするも、ここでサプライズが。なんとこのビーチボールにはメンバー全員のサインが入っていた。受け取ったラッキーなファンは大喜びだ。


「爽やかなフルーツの香りと堀田を堪能してほしい…、シトラスノート、堀田怜央です! 担当カラーはイエローです!」──堀田怜央

『舞台「KAKERU」』や『12人の怒れる男』、『男子はつらくないよ?』で活躍する堀田怜央は、第一部では特技の空手で板割りの実演を披露。前と後ろに板を持ったメンバー3人を立たせて、突きと蹴りで見事に華麗な演舞を披露した。第二部では地元栃木の方言を使って“すぐ使える栃木弁講座”を紹介。「おめえのことでれすけでも好きだべ これってごしゃっぺじゃねえべ とうとそばにいてえ」と、何と言っているのかメンバーにクイズ。回答は「だらしないあなたでも、好き これは冗談じゃないのよ。 ずっとそばにいたい…」。


「エキゾチックな香りで貴女を魅了するオリエンタルノート、坂垣怜次です! 担当カラーはオレンジです!」──坂垣怜次

「ミュージカル『テニスの王子様』3rd シーズン青学vs 六角」天根ヒカル役、舞台『機動戦士ガンダム00- 破壊による再生-Re:Build』ヨハン・トリニティ役などに出演する坂垣怜次は、第一部では得意のバスケットボールの華麗なドリブル技を披露。第二部では趣味のサバイバルゲームについて語り、フル装備の戦闘服でキメた写真を紹介しながら、実際に使用しているライフルをステージで紹介。本格的な銃を持った構えに「おーっ!」と歓声が沸く。


「スイートパウダーな香りであなたを翻弄する、バルサムノート、桜庭大翔です! 担当カラーはパープルです!」──桜庭大翔

『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“東京の陣”』木兎光太郎役などで活躍する桜庭大翔は一部、二部と特技の中国語を使って、中国語講座を披露、今日から使える中国語フレーズを紹介。いきなり流暢な中国語を披露して、メンバーはさっぱりわからない。そこで短い言葉を紹介し、「リピートアフターミー」で会場の笑いを誘った。

自己紹介コーナーが終わり、ここから“五感”全てを刺激する業界初の“感覚”をコンセプトとしたグループを目指すべく、紅白2チームに分かれて、五感を研ぎ澄ますゲーム大会がスタート。イントロクイズや“味覚”&“嗅覚”バトル、“視覚”にフォーカスを当てたゲーム、“触覚”をフィーチャーした箱の中身当てゲームなどを行い、最後のゲームはお客さんに3つのテーマを決めてもらってランダムなシチュエーションで3分間の即興ドラマにチャレンジ。例えば、病院を舞台に“納豆”、“豆腐”、“祭り”といったキーワードを入れたアドリブのドラマを披露して会場は大爆笑に。


Fan meetingも終盤、ここで正面スクリーンに「My dear Summer」のPVメイキング映像を初公開。千葉の海岸をロケーションに砂浜やコテージでのポージングやメンバーの様々な表情が映し出された。正式な公開が待ち遠しい。

最後に一言ずつ挨拶をして、「My dear Summer」を熱唱。1曲目を遥かに超える大きな歓声とコール・アンド・レスポンスが会場全体に響き渡る。そして歌い終わった後にサプライズ。「今回のFan Meeting満員御礼ということで……2nd Fan meetingの開催が電撃決定しました!!!」

お客さんの大歓声が沸き起こる。今回会場に来られなかったファンにも嬉しいお知らせだ。

「日程は、2019年7月16日(火)。場所は、同じくここ、渋谷WWW X。詳細は追って発表ということで、公式ホームページをチェックしてくださいね!」

7月17日のデビューシングル・リリースを前に真夏を先取りしたFan meetingは大成功で幕を閉じた。7種類のフレグランスでたっぷりとファンの五感を刺激したTFG、これから彼らはアーティストとして覚醒する。


取材・文◎福嶋 剛
撮影◎キセキミチコ

   ◆   ◆   ◆

なお、彼らのオフィシャルYouTubeチャンネルでは本日5月28日より「TFGチャンネル(仮)」の配信もスタートしている。同番組ではレッスン風景やファンミーティングの舞台裏など、TFGとしての日々の活動の様子と共にメンバーの素顔を発信していくとのこと。番組タイトルは今後の活動の中で決定していくそうだ。最新話は毎週水曜日に順次公開されるということなのでお楽しみに。


■<1st Fan Meeting「TFG おひろめFan Party」>セットリスト

2019年5月27日(月)東京・渋谷 WWW X
1. My dear Summer
2. With You
3. My dear Summer

<2nd Fan Meeting(仮称)>

2019 年7月16日(火)東京・渋谷 WWW X
※詳細は後日発表

1stシングル「My dear Summer」

2019年7月17日(水)発売
■初回限定盤(CD(通常盤と同内容)+フォトブックレットA)
VIZL-1613 ¥2,000(税込)
■初回限定盤(CD(通常盤と同内容)+フォトブックレットB)
VIZL-1614 ¥2,000(税込)
■通常盤(CD)
VICL-37484 ¥¥1,000(税込)
※共通特典:トレーディングカード
(全8種類のうち1枚封入 / 初回プレス分のみ)

収録曲 ※全形態共通
1. My dear Summer
2. With You
3. My dear Summer(Instrumental)
4. With You(Instrumental)

※7月17日より、iTunes Store、レコチョクほか主要ダウンロードサイト及び、Apple Music、LINE MUSIC、Spotifyほかストリーミングサービスで配信スタート

<TFGデビューシングル「My dear Summer」リリースイベント>

■<ミニライブ”TFGの夏期講習”&特典会>
詳細: https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A026498/12.html

■<トーク&特典会>
詳細: https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A026498/13.html

■<個別2ショットチェキ撮影会>
詳細: https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A026498/14.html

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス