Blackstar、電池駆動&Bluetooth対応のストリート・パフォーマンス・アンプ「SUPER FLY」

ツイート

Blackstarより電池駆動のストリート・パフォーマンス・アンプ「SUPER FLY」が登場。コルグ・KID(KORG Import Division)から6月2日に発売される。また、人気アンプのバリエーションモデルとして「Fly 3 Silver」「ID:CORE V2 Black Tweed」が数量限定でリリースされる。

「SUPER FLY」は、バッテリー駆動可能なギターアンプ。マイクと楽器のチャンネルが別々にあり、さらにBluetooth接続に対応。いつでもどこでもプレイヤーのパフォーマンスをサポートする。

最大4つの同時入力により、フレキシブルなセッティングが可能。2つのマルチ・インストゥルメンツ・チャンネルを備え、チャンネル1はマイクまたはライン、チャンネル2はアコースティック/エレクトリックギター(オーバードライブ有)に対応。各チャンネルにレベル・コントロール付きのリバーブも用意する。


▲マイク/ライン入力、エレクトリック/アコースティック/ギター入力に加え、ステレオミニのMP3/ライン入力、Bluetooth接続をサポート。コントロールは、チャンネル1がVOLUME、BASS、TREBLE、REVERB、チャンネル2がGAIN、BASS、TREBLE、VOLUME、REVERB。PHONES出力も用意。


▲本体装備のスタンドで傾けて設置することが可能。

本体にはチルト・バック・スタンドを装備。本体を傾けてセッティングすることも可能だ。2つの3インチ・フル・レンジ・スピーカーで12Wのステレオ・サウンドを提供。さらにパワーが必要なら、「SUPER FLY ACTIVE Extension Cabinet」を追加すればOK。強力な24Wステレオ・セットアップが構築できる。このほかオプションとして、電源アダプター「PSU-2」、持ち運びに便利なギグ・バッグ「Super Fly Gig Bag」もラインナップする。


▲背面には電池ボックスと電源入力、キャビネット接続用の端子とスイッチを用意。ステレオモードをDUALとSPLITから選択できる。

▲オプションの「SUPER FLY ACTIVE Extension Cabinet」は、SUPER FLYを24Wステレオ・セットアップに変える製品。付属のXLRケーブルを接続すれば準備完了。12ワットの電池式キャビネットとしても使用可能。

▲オプションのギグ・バッグ「Super Fly Gig Bag」。防水のジッパー、収納用に便利な複数のポケット、快適なショルダーストラップにより、SUPER FLYを頑丈に保護する。ID:CORE BEAMにも対応。

■「Fly 3」、「ID:CORE 10 V2」に数量限定モデルが登場

Blackstarの3ワットミニアンプ「Fly 3」、デジタルギターアンプ「ID:CORE 10 V2」に新たなバリエーションモデルが仲間入り。「Fly 3 Sliver」と、「ID:CORE 10 V2 Black Tweed」が数量限定で6月2日に発売される。どちらもデザイン以外の仕様は現行モデルと同様だ。


▲Fly 3 Sliver

▲ID:CORE 10 V2 Black Tweed

製品情報

◆SUPER FLY
価格:34,500円(税別)
<オプション>
◆Super Fly ACTIVE Extension Cabinet
価格:20,000円(税別)
◆PSU-2(アダプター)
価格:5,000円(税別)
◆SUPER FLY Gig Bag
価格:10,000円(税別)
発売日:2019年6月2日

◆Fly 3 Silver
価格:10,000円(税別)
◆ID:CORE 10 V2 Black Tweed
価格:19,000円(税別)
発売日:2019年6月2日
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス