【インタビュー】B’z、『NEW LOVE』を語る「新しい刺激/新しいものが生まれる瞬間を探したい」

ツイート

シンプルにハード、時にファンキーであり、時にメロウであり、そして常にダイナミック。心の奥底まで突き通していくような言葉を携えて、全13曲の雄叫びは現代を活きるすべての人々へのエールに聞こえ、時に身に迫るアラートのようにも響く。そんな作品をB’zが作り上げた。『NEW LOVE』と名付けられた21枚目となるアルバムである。

◆B’z 画像

ポピュラリティはあるか? エンターテイメント性は? そして芸術性は? あらゆる観点で回り込んでみても、『NEW LOVE』への評価は揺るがない。“倫理的に見ても間違いはなく、裏切りもなければ、センスに溢れた”この作品は、令和元年を華々しく飾る作品として、多くのロックファンから称賛を得ることだろう。

デビュー30年をもって、初めて経験することとなった“声のトラブル”を抱えて敢行された<B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI->、サポートメンバーの一新…と、果敢なチャレンジと大きな変化に身を投じながら、平常心のままにB’zは邁進を続ける。鉄壁のミュージシャンシップで形成されたB’zだが、彼らが放つ人生を謳歌するようなグルーヴもまた、生身の人間だからこその生々しさに溢れている。

新時代の幕開けに向け、B’zに生きる松本孝弘と稲葉浩志に話を聞いた。

   ◆   ◆   ◆

■それでもバンドの持つ
■演奏の力って凄い

──まず最初に、聞いておきたいことがあるのですが…。

稲葉浩志:はい、どうぞ。

──<B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI->では、いつものような声が出ないというトラブルに見舞われましたが、一体何が起こっていたのでしょうか。

稲葉浩志:あれは声の調子が悪かったのではなくて、実はその、喘息を発症していました。9月はまるまる発症したままだったので、あんな感じでした。呼吸が苦しいので、声を出すこと…歌をうたうことがままならないんです。

──パワーブリーズ(呼吸筋を鍛えるツール)もお休みですか?

稲葉浩志:あれはもう、あの時期は絶対に厳禁。刺激するとまずいので。

──周りの人々も心配だったでしょう?

稲葉浩志:周りも困りますよね(笑)。「無理やり演れ」とも言えないでしょうから。

松本孝弘:困るも何も、「30年もやっていれば、これくらいのこともあるだろう」って思う感じでしたね。確かに「今日は、もしかしたら最後まではできないかも」と思うような日もありましたけど、こればっかりは…。

──逆に、その状況でツアーを乗り切った事自体が信じがたいです。

稲葉浩志:一瞬ちょっと「これはさすがに、無理かな」という時は正直ありました。皆さんに協力していただき、あとドクターにもかかって、数日間だけ乗り切れるような集中的な処置をしまして。「あとのことは全部終わってから考えよう」ということで(笑)、とりあえず今は多少無理のある治療でもやっておこうかな、と。

──皮肉なもので、結果は感動的で素晴らしいライブが繰り広げられたわけですが、そこにはメンバー間での話し合いもあったのでしょうか。

稲葉浩志:いや、「今日は稲葉の調子が悪いから、みんな頑張ろうね」なんて話はしないですし、よくいう話ですけど、お客さんの前に出れば割と平気みたいなこともあります。やっぱりライブ自体は半分はお客さんの力が支えているようなところもあるので、「そこがあれば大丈夫」という気持ちも多少はあるんです。けど、さすがに今回はそれをもってしても「ちょっとこれは…」という感じもあり。

──本当に深刻だったんですね。

稲葉浩志:それでもバンドの持つ演奏の力って凄いし、それで背中を押されるというか、勢いをつけてもらって演っていたんだと実感しています。

──「鉄壁のライブを見せてきたB’zの歴史に傷をつける」「恥ずかしい歌を聞かせてしまう」といったネガティブで悔しい感情は?

稲葉浩志:9月のライブでは、そういう瞬間は何回か来ました。そこでのメンタル面での闘いは、ずっとありました。正直なところ、ツアーが終わった直後というのは……僕には満足感というのはなくて。

──おぼつかないところが悔しかった?

稲葉浩志:100点満点を見せたいという気持ちは誰もが持っているものだと思うんですけど、「でも、何が100点満点なの?」って思いまして。もちろん「お客さんが満面の笑顔で幸せな気持ちで帰ってもらえれば、それが100点かな」とは思うんですけど、反面では、自分の中で「やりたいことができない」というところがあるので、そこで自分を納得させるのがなかなか大変で。

──そんな稲葉浩志を松本孝弘はどうみていたのでしょう。

松本孝弘:それぞれありますからね…。お客さんにとって歌というのは一番わかりやすいところですけど、長年続けていると、いろんなことを抱えながらやらなきゃいけないんで、無事に終われてよかったんじゃないでしょうか。30周年だったしね。

──その様子はDVD/Blu-ray『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』として世に出ているわけですが、不本意なパフォーマンスが発売されることに、どういう思いが重なりましたか?

稲葉浩志:これはドキュメントというか、その時の瞬間のリアリティを全部見せたほうがかえってスッキリするかなと。30周年ですし(笑)。

──改めてライブ映像を見直して、どう思われますか? 客観視はできないものでしょうか。

稲葉浩志:特に直後は。

──素晴らしいライブですから、観たほうがいいですよ(笑)。

松本孝弘:そうですか(笑)。

稲葉浩志:実際演っている最中は、映像で見るよりもっと苦しかった…というか、とんでもなく辛かったので、映像で観たときは、わりと「思ったより悪くない」と思いましたけどね(笑)。

松本孝弘:そういう事あるよね。自分で思っていたより、さほどそうでもなかったってね。

──喘息の状態で、ステージを思いっきり走っているのが信じられない。

稲葉浩志:それはもう、勝手にそうなっちゃうんで。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス