【レポート】Que SakamotoのDJツアー日記「サウスアメリカ編・その1」

ツイート

みなさん、こんにちわ。<Huit Etoiles>のDJ/ProducerのQue Sakamotoです。今回からはアメリカ〜メキシコからサウスアメリカのツアーとなります。


■ベニューはゲームセンター!?
■ロサンゼルス独特な雰囲気

今回のツアーのスタートはアメリカ・ロサンゼルスのEighty Twoからキックオフ。日本からサンディエゴに無事到着すると、いつもお世話になっているキャロルがピックアップしてくれて、キャロルの家にホームステイとなります。金曜のロサンゼルスのギグまでサンディエゴでゆっくりさせてもらいました。

昔住んでいたパシフィックビーチのピアに行ったとき、ちょうどシャボン玉のパフォーマンスをしていた人がいて、今まで見たこともない大きなシャボン玉が空を舞っていてとってもキレイで感動しました。気候も素晴らしく、夏日で気持ち良かったなー。やっぱりサンディエゴは最高でした。


ステイのお礼も兼ねてキャロル夫妻にチラシ丼と、味噌汁を作ってみました。美味しく食べてくれた上に喜んでくれて嬉しかったです。サンディエゴはこんな感じでユルーリと数日楽しませてもらいました。ギグ会場があるロサンゼルスに行く前に、サンディエゴのPacific Beach Vinylに寄ってHughに会いに行き、いろいろと話して、隣の昆布茶コーヒーを満喫してロサンゼルスへ向かいます。あっ、そうそうHughからレコードもプレゼントしてもらいました。ラッキー!



ロサンゼルスのEighty Twoは、DJハーヴィーとも仲良しのOsamuと、Love Fingersのレーベル“Esp Institute”からリリースしているTavishとのギグになります。二人ともフレンドリーで最高に愉快。そしてベニューはゲームセンターでロサンゼルス独特な雰囲気を醸し出しています。二人ともディスコからハウスのファンキーな選曲で、ミックスセンスもありナイスなプレイをしていました。僕も二人に合わせつつ、違う選曲を心掛けてプレイしました。エレクトロ〜ハウス〜ディスコを軸に2時間プレイして、ラストまでB3B。お客さんはゲームをしながら、踊ったり、DJブース前でもお客さんが踊ってくれて終始楽しい時間となりました。終わってからみんなでWarehouseに行ってダンスして楽しんだ後にキャロルとサンディエゴへ帰宅し就寝。ってことで、

「Thank U Carol,Osamu&Tavish,Hugh」

■メキシコ・ティファナで
■オールナイトのやり甲斐セット完遂



ゆっくり睡眠を取り、メキシコ・ティファナへ。キャロルがボーダーまで送ってくれた後、Wherehouseのダミアンがピックアップしてくれました。助かります。早速のメキシカンレストランでのディナーを終えて、Wherehouseへ移動します。この日はオールナイトのセット。スタート時間が少し伸びて2時からスタートとなりました。このベニューはダークでディープでエッジの効いた音楽が合うので、アンビエント〜ディスコ〜ディープハウスから始め、お客さんに合わせて中盤までジワジワとダークとディープな選曲をしていきました。その後もアシッドハウス〜テクノ〜ニューウェーブ〜エレクトロなどたくさんのいろいろな曲を織り交ぜてプレイします。あっという間に朝の11時を回ったあたりで終了……お客さんもコアでグイグイ引っ張ってくれたから、かなりやり甲斐がありました!

すると、急きょ翌日のギグがエンセナダで決まりました。夕方からダミアンとラウラがエンセナダまで車で連れて行ってくれて、一緒にプレイする前にDisto Diskoのラジオショーのメキシカンハーフジャパニーズのミノルがピックアップしてくれました。Thor Barというベニュー。エンセナダでフェスがあり、そのアフターパーティでのギグとなります。ミノルたちがディスコ〜ハウスをプレイしていたので、流れに合わせて、明るめでファンキーなハウス〜ディスコで2時間プレイ。みんな喜んでくれて、暖かい空気で、楽しい時間を過ごさせてもらいました。終わってから、ミノルの家に1日ステイし、翌日ティファナのボーダーまで送ってもらい、キャロルにボーダーでピックアップしてもらいニューヨークまでお世話になりました。ハードな3ギグでしたが、楽しく思い出に残るギグとなりました。ってことで、

「Thank U,Wherehouse,Damian,Laura,Minoru,Carol.」

いよいよニューヨークへフライトです。キャロルが空港まで送ってくれてお別れ。キャロルいつも、ありがとう! 無事にニューヨークに到着し、前回お世話になったブルックリンのフランシス ニシダの家に2週間お世話になります。合計4ギグ、Lot Radioを行います。次はニューヨークについてレポートします。

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス