『明石家紅白!』に金爆、SHISHAMO、日向坂46、郷ひろみら6組が登場

ツイート

明石家さんまとNHKのタッグによる音楽番組『第6回明石家紅白!』が、6月15日にNHK総合テレビで放送される。

◆『第6回明石家紅白!』画像

『明石家紅白!』は、明石家さんまが“今会いたいアーティスト”をゲストに招き、トークや即興コラボなどを交えて自分なりの『紅白歌合戦』を展開するという番組だ。今回は、郷ひろみ、ゴスペラーズ、ゴールデンボンバー、大黒摩季、SHISHAMO、日向坂46の6組が登場する。

白組の郷ひろみは、自身の代名詞ともいえる“ジャケットプレイ”の秘訣をさんまに伝授。プライベートでよく会っていたというさんまとの思い出のエピソードや、名曲「2億4千万の瞳」で盛り上がる。ゴスペラーズは「ひとり」でさんまとのハーモニーに挑むほか、この日のためにアレンジしてきたというあるギャグも披露する。ゴールデンボンバーは、最近『紅白歌合戦』に呼ばれていないという悩みをさんまに相談。最後は“白組への愛を表現した”というスペシャルなパフォーマンスで紅白への思いを訴える。



紅組の大黒摩季のパートでは、名曲「ら・ら・ら」の歌詞にさんまから鋭いツッコミが入る一幕も。芸能界の友人との幅広い交流エピソードなど、知られざるプライベートも明かされる。SHISHAMOメンバーからは「友達が少ない」(宮崎朝子/G,Vo)、「自分だけ扱いが悪い」(吉川美冴貴/B)、「引き笑いをいじられる」(松岡彩/B)と悩みが語られ、さんまは郷や大黒も巻き込んでそれらに応えていく。日向坂46の渡邉美穂はなぞかけでさんまに挑み、小坂菜緒は若者に人気の“キュンキュンダンス”を伝授。どんな言葉もセクシーに表現できる宮田愛萌ら、個性あふれるメンバーたちが爆笑トークを繰り広げる。




『第6回明石家紅白!』

放送予定日: 2019年6月15日(土)19:30〜20:43 総合テレビ
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報