デイヴ・スチュワート「ミック・ジャガーはスタジオの中でもエクササイズしている」

ツイート

ミック・ジャガーの友人、元ユーリズミックスのデイヴ・スチュワートによると、ミックはスタジオに入っている最中でも、少しでも時間ができると腕立て伏せやスクワットに勤しんでいるそうだ。

◆ミック・ジャガー画像

『Toronto Sun』紙のインタビューで、最近心臓の手術を受けたミックの状態について問われたスチュワートは、こう答えた。「明らかに良くなってる。ミックと僕はよくテキスト(・メッセージ)でやり取りしてる。ミックからのは短くて、“大丈夫”とかだけなんだけど、彼はすごく身体を鍛えてるからね。一度、マスティクにある彼の家に行って、レコーディングしたことがある。その間、僕にやることがあると、彼は腕立て伏せ120回とか、スクワット300回とかやってるんだ。10キロ走りに行ったりね」

スチュワートは続けて、ザ・ローリング・ストーンズが<Desert Trip>フェスティバルに出演した際、ミックと交わした会話を明かした。

「オールドチェラ(*コーチェラ・フェスティバルから派出し、出演者がベテランばかりだったことから)に出演したとき、彼は笑ってたよ。“ったくさ、デイヴ。ステージはストーンズのものより長かったんだ”ってね。で、出演者のリスト(ボブ・ディラン、ニール・ヤング、ポール・マッカートニー、ザ・フー、ロジャー・ウォーターズ)を見ながら、“彼らがあのステージのすべてを使うとは思えない。なんで、あんな大きなステージ建てたんだろう”って言ってた」

ザ・ローリング・ストーンズはミックの手術により延期した北米ツアーを6月21日からスタート。彼らのスポークスマンによると、アルバムの制作も間もなく開始するという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報