ホワイ・ドント・ウィー、初ジャパン・ツアー完遂

ツイート

ホワイ・ドント・ウィーの初のジャパン・ツアー<8 Letters Tour Japan>が、5月28日、東京・Zepp Tokyoで最終日を迎えた。

◆ホワイ・ドント・ウィー画像

2019年に入って、「Big Plans」、「Cold In LA」、マックルモアとのコラボ曲「I Don't Belong in This Club」、映画『アグリドール』のサウンドトラックに提供した「Don't Change」、そして今月リリースされたばかりの「Unbelievable」と立て続けに新曲を発表している彼ら。デビュー・フル・アルバムのタイトルを掲げたジャパン・ツアーでは、東京、大阪、名古屋の3都市で計4公演が行なわれた。以下、そのオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

会場には早くから熱心なファンが駆け付け、開演前から「ホワイ・ドント・ウィー!」というコールが鳴り響く。いよいよ開演時間となり会場が暗転すると、ステージに設置された巨大スクリーンに今回のツアー・タイトルにかけた手紙が映し出され、黒いクールな衣装をまとった5人が登場。5月21日に日本テレビ系『スッキリ』に出演し生パフォーマンスを披露したことでトレンド入りも果たした、エド・シーランが手掛けた「Trust Fund Baby」からスタートした。

MCでは「<8レターズ・ツアー>へようこそ! 東京に来られて、本当に最高だよ。そして、こんなに美しい人たちが僕たちを見にきてくれたのも」と、日本に来られた喜びを語り会場を盛り上げる。



デビュー・アルバム『8 Letters』を中心に、デビュー曲「Taking You」や、結成1周年記念でリリースされ、彼らが初めてアメリカのiTunes総合チャートで1位を獲得したEP「Invitation」の収録曲「M.I.A.」など、初のジャパン・ツアーに相応しい楽曲構成でファンからは絶えず黄色い声援が送られた。そしてどの曲でも終始シンガロングが巻き起こり、高いテンションのままショーは続いていく。

途中、衣装チェンジもはさむと、終盤にはコービンが「今日来てくれたみんな、夢は持ってる? みんなには、その夢をあきらめないで欲しい。僕らは諦めなかったから、今このステージに立ててるんだ」と丁寧に語りかける場面も。




TwitterやYouTubeなどのSNSからそれぞれ活動をスタートし、意気投合しグループを結成したホワイ・ドント・ウィー。ファンとのつながりを大事にする彼らの真摯な姿勢、そして世界中のファンを虜にする圧倒的な歌唱力、パフォーマンス力を改めて見せつけた今回のジャパン・ツアー。最後はグラミー・アーティスト、マックルモアとコラボした「I Don’t Belong In This Club」で幕を閉じた。

Photos by 笹森健一

   ◆   ◆   ◆

■セットリスト

1. Trust Fund Baby
2. M.I.A.
3. Choose
4. Hard
5. Friends
6. In Too Deep
7. Nobody Gotta Know
8. I Depend On You
9. Runner
10. Why Don’t We Just
11. Collage
12. Something Different
13. Mashup
14. Taking You
15. These Girls
16. Hooked
17. Talk
18. 8 Letters
19. Big Plans
20. Cold In LA

En1. I Don’t Belong In This Club

<8 LETTERS TOUR JAPAN 2019>

2019年5月23日(木)愛知・Zepp Nagoya
2019年5月24日(金)大阪・Zepp Osaka Bayside
2019年5月27日(月)、28日(火)東京・Zepp Tokyo
詳細:https://www.creativeman.co.jp/event/why-dont-we/

ニュー・シングル「アンビリーバブル」|「Unbelievable」

2019年5月17日(金)配信
ダウンロード / ストリーミング: https://WarnerMusicJapan.lnk.to/FZMS_Pu

デビュー・アルバム『8 レターズ』|『8 Letters』

2018年9月12日(水)発売
■初回限定盤(CD+DVD)
WPZR-30824/25 ¥2,500+税

■通常仕様盤(CDのみ)
WPCR-18079 ¥1,980+税

アルバム購入/聴取リンク: https://WhyDontWeJP.lnk.to/8letters01Pu

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス