【インタビュー】24歳の演歌歌手・徳永ゆうき、つんく♂サウンドプロデュース“ポップン演歌”で新境地へ

ツイート

渋谷の街から日本全国へ、新しい演歌の風が吹き抜ける──。大阪生まれ演歌育ち、24歳にして演歌・歌謡曲の王道を驀進する若きヒーロー、徳永ゆうきの新曲は、つんく♂がサウンド・プロデュースを手掛ける「渋谷節だよ青春は!」(NHK『ニュース シブ5時』テーマ曲)に決定。『NHKのど自慢』出身、18歳でデビュー、演歌はもちろん近年ではJ-POPに挑戦したり、Eテレ『天才てれびくんYOU』にレギュラー出演したり、趣味の「撮り鉄」「車掌の物まね」を極めたり、すくすく育って現在24歳。年齢に似合わぬ落ち着きと貫禄を備え、若者と演歌の架け橋を目指す、徳永ゆうきとはどんな男なのか? BARKS初登場インタビュー!

  ◆  ◆  ◆

■ポップス曲は、普段まったく聴かない
■みんなが楽しめるものとして演歌があった

──素敵なお衣装です。何て言えばいいですかね。キモノをアレンジしたものと言うか、民族衣装のようなと言いますか。

徳永ゆうき(以下、徳永):何なんですかね(笑)。何て説明していいかわからないですけど。

──お似合いです。ちなみに普段はどんな格好を?

徳永:最近はオーバーオールが多いですね。楽なので。仕事では袴とかスーツとかが多いので、私服を見られると「やっぱり24歳ですね」ってよく言われます。でも「それでもまだ30歳ぐらいですかね」っていう感じですけど(笑)。

──そういえば、新曲「渋谷節だよ青春は!」のミュージック・ビデオでも、オーバーオールの私服から、キラキラの衣装に変身するというシーンがありました。ゆうきさんがダンサーを引き連れて渋谷の街を闊歩する、すごいインパクトのある映像で、かっこよかった。

徳永:ありがとうございます。この衣装で、スクランブル交差点を歌いながら渡ったり、恥ずかしかったですけど。頑張って撮った作品なので、ぜひみなさんに見ていただきたいです。



──今はYouTubeとか、映像から入ってくる人が多いですからね。ゆうきさんが去年、TBSの『演歌の乱』に出演されて、米津玄師「Lemon」を歌われたじゃないですか。あれが話題になったことで、ポップス畑からも俄然注目される現象が起きたと思うんですけど。

徳永:そうですね。今は演歌の歌番組も少ないですし、なかなかみなさんが演歌を身近に聴ける機会がないので。どういう形であれ、みなさんに注目されるのは嬉しいです。

──でも、実は、ああいうJ-POP系の曲はまったく知らなかったとか。

徳永:ポップス曲は、普段まったく聴かないんですよ。演歌や昭和歌謡は、初めて聴いてもうっすら口ずさめるんですけど、ポップス曲は全然わからなくて、「Lemon」も何回聴いても覚えられなくて、「ヤバイ、歌われへん!」という感じでした。ポップスって、大サビに行く前に、メロディが変わるところがあるじゃないですか。せっかく「♪夢ならば〜」って覚えたのに、なんで急に「♪自分が思うより〜」って、そんなメロディ今まで出て来ぉへんやったやん!って(笑)。1曲で2曲覚えなあかん感覚ですよね。演歌はずっと同じメロディで一番から三番までですけど、ポップスってそういう変則的なところがあるから、なじみがなくて苦戦しました。


──いやあ、素晴らしかったですよ。とはいえ最近は、ポップスの活動も活発になってきて。

徳永:そうですね。「Lemon」がきっかけで、ポップス曲のみを歌う「ポップスライブ」というものをやっていたりしてます。

──先に言っちゃいますけど、アルバムも出ますね。スピッツ、レミオロメン、秦基博などなど、J-POPを歌いまくる『とくながポップス』。

徳永:そうなんです。6月20日に出ます。「ポップスもカバーしてほしい」という声が多くありまして、ようやくみなさんのお手元に届くことになりました。



──実際、普段よく聴いてるのは誰だったりするんですか。たとえば昨日、今日とかだと。

徳永:あ、三波春夫さんのDVDを今朝見てました。三波春夫さんは憧れの歌手の一人なんです、という話をしたら、ファンの方がDVDをくださって、まさにそれを見てました。あとは、やっぱり演歌ですね。お父さん、おじいちゃんの影響が大きくて、お父さんが歌う曲は全部一緒に歌えます。千昌夫さん、橋幸夫さん、大川栄策さん、そういった方々の曲を普段から歌ったり聴いたりしてます。

──言われてみれば、そのキラキラの衣装も三波春夫さんを彷彿とさせるような。

徳永:三波春夫さんは、歌声もそうですし、歌う姿ですね。立ち居振る舞い、所作、セリフ、全てがかっこいいなと思います。最初は、おじいちゃんと一緒にテレビを見てて、島津亜矢さんが「俵星玄蕃」を歌ってはって、そこから三波春夫さんを聴いたという感じでしたね。それから三波さんの虜になりまして。おじいちゃんは93歳で亡くなったんですけど、三波春夫さんが大好きで、僕が歌うと喜んでくれたんです。中学生でカラオケ喫茶に行くようになって、そこにいるのはおじいちゃん、おばあちゃんばっかりなんですけど、懐かしの曲を歌うとみなさん喜んでくれて、すごく可愛がっていただきました。そういった環境で育ったんです。

──ごく自然に受け継いでいる。

徳永:家の中で、ずっと演歌と歌謡曲が流れていたので。お父さんがハナウタで歌ったり、お母さんも料理しながら台所で歌ったり、おじいちゃんもカセットテープやCDでいつも聴いていたので、常に演歌が流れていたという環境でしたね。


──そこで反抗するタイプもいると思うんですけどね。ゆうきさんは素直だった。

徳永:ああ、そうですね。たぶん演歌があるから、今も仲がいいんだと思います。一つの共通点というか、みんなが楽しめるものとして演歌があったので。

──いいですねえ。演歌は家庭円満の秘訣。

徳永:実家に帰っても「ゆうき、あの歌はぴったりちゃうか」とか、そういう話をよくしますね。僕からも「この歌覚えてみたら」とか言いますし。

──たぶん年配のファンの方も、そういうふうにゆうきさんを見てるんじゃないですかね。好きな演歌を教えてあげたいし、教えてほしいという。まさにキャッチコピー通りの「日本の孫」。

徳永:本当に、孫みたいな感じで接してくださるんですよ。「孫と同じ年です」「私の孫もゆうきなんです」とか。そういった感じで見守っていただけると、僕も嬉しいですね。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス