【インタビュー】カーネーション、草月ホール2daysは「総括ではなく、次につながるライブに」

ツイート
PR

35周年を迎えた2018年は、ベストアルバム『The Very Best of CARNATION "LONG TIME TRAVELLER"』のリリース、日比谷野外大音楽堂にて<35年目のカーネーション“SUNSET MONSTERS”>を行なうなど、アニバーサリーイヤーに相応しい活動を続けてきた彼ら。初日はストリングス、2日目はホーンセクションを迎えた編成で6月29日&30日に東京・草月ホールで開催される<草月ホールのカーネーション ストリングス&ホーンズ Special 2days>は、このバンドの豊かな音楽性を改めて提示するとともに、この先のカーネーションを体感できる貴重な公演になりそうだ。バンドの中心である直枝政広(Vo,G)に話を訊いた。

■“音楽的な観せ方をしたい”から生まれた
■ストリングス&ホーンズのワンマン

──まずはここ2~3年の活動について聞かせてください。2016年に16thアルバム『Multimodal Sentiment』、2017年に17thアルバム『Suburban Baroque』を発表。昨年は新曲2曲を含むベストアルバムをリリースと精力的な活動が続いていますね。

「35周年に向けて、いい助走をつけたいというのがあったんですよね。2年続けてオリジナルアルバムを出したことについては、デビューから10年くらい、90年代まではずっとそういうペースだったので、特にきついということはなくて。逆に締め切りがあったことで、いい具合に自分を追い詰めることができたと思います。その着地点が去年の6月の野音でのライヴだったんじゃないかと」

──日比谷野外大音楽堂で行なわれた<35年目のカーネーション“SUNSET MONSTERS”>には、岡村靖幸さん、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん、鈴木慶一さん、曽我部恵一さん、堂島孝平さん、森高千里さん、山本精一さんなど、豪華なゲストが参加。アニバーサリーに相応しいステージになりました。

「最高のお祭りでしたね。どういう方に来てもらうか、お客さんへの紹介の仕方も含めて、いろいろ考えながらライヴを作っていって。諸先輩方もいらっしゃるし、同年代のミュージシャンもいますから。下の世代の人たちを呼べたことも良かったですね。堂島孝平くん、曽我部恵一くんなどもそうですが、彼らともしのぎを削ってきたところがあるので。ひとつひとつの気持ちをつなげて、感謝の気持ちを込めて返していけたらなとも思っていました。まだまだ返し切れていないですけどね」


取材:森 朋之

<草月ホールのカーネーション ストリングス&ホーンズ Special 2days>

出演:カーネーション
サポート:岡本啓佑(Dr)、伊藤隆博(Key)、松江 潤(G)
■<with Strings Day>
2019年6月29日(土)東京・草月ホール
Special Guest:美尾洋乃(Violin)、美尾洋香(Violin)、鈴木千夏(Viola)、橋本 歩(Cello)
◆チケット詳細ページ

■<with Horns Day>
2019年6月30日(日)東京・草月ホール
Special Guest:平田直樹(Trumpet)、小泉邦男(Trombone)、ロベルト小山(Sax,Flute,Percussion)
◆チケット詳細ページ


DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報