英国バーミンガムにブラック・サバス橋誕生。アイオミとギーザーが除幕式に出席予定

ツイート

ブラック・サバスの故郷、英国バーミンガムにブラック・サバス・ブリッジが誕生する。6月26日午後3時から除幕式が開かれ、トニー・アイオミとギーザー・バトラーが出席するという。

◆ブラック・サバス画像

市内中心部にある運河に架かる橋(歩行者/自転車専用橋)の1つが修復され、ブラック・サバス・ブリッジと改名されるのに加え、2月にお披露目されたブラック・サバス・ベンチがそこに設置される。

ベンチには「ギーザー オジー トニー ビル メイド・イン・バーミンガム 1968」との文字が刻まれ、背もたれには4人のオリジナル・メンバー、ギーザー・バトラー、オジー・オズボーン、トニー・アイオミ、ビル・ワードのポートレイトが取り付けられている。ファンは、ブラック・サバス橋の上で、メンバーとベンチに腰かけているような……ように見えなくもない写真が撮れる。


2月に開かれたベンチの除幕式にはトニー・アイオミが出席した。このときは、教会内で行なわれたセレモニーに出席できるファンの人数が限られており、ベンチの一般公開は橋と同時となる。

アイオミとバトラーは先月、ブラック・サバスがグラミー賞特別功労賞生涯業績賞を受賞し、ロサンゼルスで開催された受賞式にビル・ワードと共に出席した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報