【インタビュー】First place、1stミニアルバム完成「いろいろな恋愛と4人それぞれの個性をギュッと」

ツイート

First placeが6月5日、1stミニアルバム『L.D.Love』をリリースした。アニメ『名探偵コナン』エンディングテーマに起用された1stシングル「さだめ」から約10ヵ月、“平成最後の夏”にメジャーデビューを果たした4人組ボーカルグループから“新元号”となって届けられる新作は、さまざまな恋愛模様が詰まった“恋色多彩”なコンセプトミニアルバムだ。

◆「瞬間≒FOREVER」ミュージックビデオ 画像

2014年7月にKENTOとTAIHEIによって結成されたFirst placeは、以降、原宿や渋谷で800回を超えるストリートライブ開催。シンプルにしてストレートな歌声が幅広い世代に支持されている。ソロとしてはTAIHEIがファッション誌の『Popteen』イケメン総選挙で史上初の1000票超を獲得、1位に輝いたほか、KAITOは劇団ズッキュン娘主催公演『夢で逢いま笑』にて準主役を熱演するなど、活動展開も多彩。BARKSインタビュー初登場となる今回は、結成から現在までを振り返り、4人が『L.D.Love』に込めた想いをたっぷりと語ってもらった。

   ◆   ◆   ◆

■お巡りさんから“集団A”という呼び名を(笑)
■4人の人間性も鍛えられたストリートだった

──First placeは約5年前の2014年7月にKENTOさんとTAIHEIさんによって結成されたそうですが、当時はどんな活動を?

KENTO:僕がまだ19歳か20歳くらいで、TAIHEIが18歳とかで。なにせ若かったから、その頃はまだ夢も漠然としてました。原宿とか渋谷を中心に路上ライブを始めたんですけど、当時はそんなにやってる人がいなくて結構人だかりができてたんですよ。

TAIHEI:ボーカルグループっていうのも珍しかったのかな。その翌年にRYOMAさんが入ったんだよね。

▲RYOMA

KENTO:TAIHEIと組んで初めて出たライブにRYOMAがソロで出演していたんですよ。“歌が上手いイケメンいるなぁみ”たいな。楽屋でコミュニケーションを取る中で仲良くなって。もっと多くの人に僕たちのことを知ってもらうために何かできないかな?と考えていた時期だったので、RYOMAを誘ったんです。

RYOMA:「一緒にやろう」って言われて、勢いで「わかった!」と即答しましたね。その時の共演者の中でも彼らは一番お客さんを呼んでいたし、このメンバーならイケるな!と思って。

──その後、しばらく3人で活動を続け、KAITOさんが加入して現在の4人編成になったのが2017年のこと。

KENTO:TAIHEIがインフルエンザにかかって僕とRYOMAの2人で出たライブに、KAITOも出演していたんですよ。その時ってKAITOは高3だったっけ?

KAITO:そう、高3。

KENTO:「あいつの声、ヤバいな! なんていう声してるんだ!」ってRYOMAと話したのを覚えています。僕よりRYOMAのほうがKAITOの声に惹かれていたよね、「あの年であの声はスゴい!」って。

RYOMA:うん、直感でいい!と思いました。

KENTO:KAITOが組んでいたグループが、その日で解散するっていうことを楽屋で聞いて、ライブ後に一緒にゴハンに行ったんですよ。信号待ちしている時に僕が、勢いで「次のアテがないんだったら入る?」って声をかけたという。

──いきなりですか(笑)!?

KAITO:はい(笑)。

TAIHEI:インフルエンザで休んでいた僕はその翌日、「KAITOが入るかもしれない」って聞かされて驚きました(笑)。

KENTO:KAITOはもともと俳優もやっていて、グループ解散後は俳優をやるか、歌をやるか迷っている時だったみたいなんですけど。

▲KENTO

──勧誘の決め手になったのは何ですか?

TAIHEI:歌を聴く前は、そんなに期待しないでおこうって思っていたんですよ(笑)。でも、その対バンライブで彼らの歌を聴いた時“上手っ!”と思って。顔が良くて歌が上手い人って強いなと思ったし、輝いて見えたんですよね。加入することが決まってからは楽しみでしかなかったですね。

KENTO:僕とTAIHEIはわりと声が似ているんです。その中でも僕はちょっと中性的で、TAIHEIは透明感がある高い声。RYOMAとKAITOは力強い声で、RYOMAはエモーショナル、KAITOがハスキーなんです。4人とも声質が違うので、一曲の中で4度楽しめるみたいな。声のバランスがすごく良くなるはずと思ったのも誘った理由のひとつです。

──これまでに800回を超えるストリートライブを行ってきたそうですが、印象に残っているステージはありますか?

RYOMA:ライブを重ねていくうちに聴いてくれる人もどんどん増えて。ファンの人が暑い時には冷たい飲み物をくれたり、寒い時にはカイロをくれたり。そういうことは本当に嬉しくて、よく覚えていますね。

KENTO:言っていいのかわからないですけど、あまりにも人が集まり過ぎて、お巡りさんが止めに来たんですよ。僕らお巡りさんから“集団A”という呼び名をつけられてたようで(全員爆笑)。

──“少女A”ならぬ、“集団A”(笑)!! 犯罪者じゃないんだから(笑)。

KENTO:そうですね(笑)。

RYOMA:でも、警察の方も応援してくれていたんですよ。

──ストリートのライブで得たものもやはり多いですか?

TAIHEI:ライブハウスとは違って、ストリートは通りすがりの人の足を止めなきゃいけない。そういうときにどうするかというと、目を見て歌うと自分たちの心が届くのか、立ち止まってくれるんですよ。そういう力をすごく養うことができましたね。4人の人間性も鍛えられたストリートだったと思います。

RYOMA:人が集まると、それは同時に自分たちの自信にもなりましたし。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報