ジョン・コラビ、モトリー・クルー映画に登場「驚いた」

ツイート

1992~1996年モトリー・クルーに在籍していたジョン・コラビは、モトリー・クルーのバイオグラフィ映画『The Dirt』に一瞬ではあったが自身(Anthony Vincent Valbiro演じる)が登場したことに驚いたそうだ。

◆ジョン・コラビ、『The Dirt』画像

コラビは『LA Weekly』のインタビューで、映画の公開によりモトリー・クルーへの関心が高まり、彼の公演を観に来る人も増えるのではと問われると、こう話した。「俺に関してはどうかな。でも、モトリーの人気がすごく高まったのは確かだ。俺は自分のスタイルで人生を楽しみたい。俺は、モトリーはヴィンス、ニッキー、トミー、ミックなんだってこと、とうに受け入れてる。だから、あの陣営からは何も期待していない。実際、映画で自分のことに触れていたのは驚いた。予想していなかった。彼らが、俺役にモーガン・フリーマンを押さえられなかったのにはちょっとガッカリだが(笑)」


コラビは、ヴィンス・ニールが解雇され復帰するまでの約4年間、モトリー・クルーのシンガーを務め、その間、バンドはアルバム『Motley Crue』(1994年)を発表した。コラビは3月にオーストラリアで<Motley '94>ツアーを開き、『Motley Crue』を全曲プレイしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報