ジョー・ジョナス、元カノ、テイラー・スウィフトからの謝罪に「気が晴れた」

ツイート

テイラー・スウィフトが最近、18歳のとき、別れたばかりのジョー・ジョナスについてTV番組で不満をぶちまけた過去を反省したことについて、ジョナスがコメントした。

◆ジョナス・ブラザーズ画像

テイラーは2008年、アメリカのトーク番組『The Ellen DeGeneres Show』に出演した際、3ヶ月ほど交際していたジョナスから「電話で25秒で別れを告げられた」と暴露し、ジョナスには“酷い男”とのレッテルが貼られてしまった。

それから約10年。再び『Ellen』に出演した彼女は、これまでに行なった最も反抗的な言動について問われると、「多分、この番組でジョー・ジョナスをこき下ろしたことね(笑)。あれはやり過ぎ。18歳だったのよ。いま私たちの間では笑い話になってる。でも、大っぴらに言い過ぎた。ティーンエイジャーがやりそうなこと」と、反省の言葉を口にした。

これに対し、ジョナスは英国のTV番組『Lorraine』で、「ナイスだった」と話した。「若いとき、悪かったと思っていたことだったから。でも結局のところ、僕は前へ進んだ。テイラーだってそうに違いない。気が晴れたよ。僕らはいま、みんな友達だ。全て順調。僕らはただ若かったんだよ」

また、先月、ジョナスと結婚した女優のソフィー・ターナーは、最近、テイラーについて問われ「とてもいい人。何度か会ったことがあって、フレンドリーな関係よ。彼女は私のファンではなかったけど…、私は彼女のファン」と話している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報