川谷絵音 劇団を旗揚げ!? 新プロジェクト「独特な人」とは?

ツイート
PR

indigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ、ichikoro。4つのバンドを掛け持ちしながら、盟友・休日課長率いるバンドDADARAYのプロデュース、さらには、アーティストへの楽曲提供やドラマの劇伴など、もはや「自分でも正確な数を把握できていない」(本人談)ほどのプロジェクトを同時並行で進めている川谷絵音。そんな川谷がこの春、また新たなプロジェクトを立ち上げた。その名も“独特な人”。これまでのプロジェクトと大きく違うのは、これはバンド名でも音楽ユニットの名前でもないことだ。しかも、去年末に発表したこのプロジェクトに関して、これまで本人は沈黙を守り続けてきた。“独特な人”とは一体何なのか? 川谷絵音に直撃した。

■未だに謎に包まれているソロプロジェクト“独特な人”

──“独特な人”は去年行われたゲスの極み乙女。のツアー<ゲスなのか、タコなのか>ファイナル公演で“川谷絵音ソロプロジェクト”として発表されましたが、プロジェクトの詳細に関しては一切説明がありませんでした。(※当日のLIVE終了後、会場に張り出されたQRコードにアクセスしたファンだけに後日、QRコード付きの“年賀状”が届くという手法がとられた。ちなみに、ハガキのQRコードにアクセスすると、“独特な人”第一回公演のチケット購入画面に進むが、そこにも詳細は何も書かれていなかった)なぜこんなトリッキーなやり方で発表したのですか?

川谷絵音(以下、川谷):なんとなく、ですかね(笑)。後付けで何か言うとしたら、これは僕の本業である音楽に関するプロジェクトではないので、何か新しいことをやりたかったんです。公演の内容も一切告知しなかったんですが、それでも興味を持ってくれる人だけに来てもらえたらと。

──4月の公演(4月14日@神田明神ホール)に関しては、一切告知をしていなかったどころか、川谷さん本人のSNSでも全く触れられていませんでした。

川谷:そうですね。あえて情報を制限していました。一応、独特な人のインスタアカウント(https://www.instagram.com/dokutokunahito/)はあるんですけど、具体的なことは何にも載せていないですからね。そもそも、このプロジェクト自体が結構わかりにくいものなので、どう説明しても誤解されてしまう気がして。正直、こうやってインタビューに答えることも躊躇したんですけど、逆に、黙っていることで誤解されることもあるなと思って。


文:ジョージ

<独特な人 第二回公演 『実はセリフだ』>

公演日:2019年6月28日(金)
会場:東京・ヒューリックホール東京(有楽町)
18:00 開場 / 19:00 開演
全席指定¥5,000(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
※小学生以上チケット必要、未就学児膝上無料(お席が必要な場合は年齢に関わらずチケット必要)
[問]DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00~19:00)
◆チケット情報ページ
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報