ヴィニー・ポール、墓標に保護カバー

ツイート

5月24日に設置されたヴィニー・ポールの墓標に保護カバーがつけられた。破損を恐れてのことと考えられる。

◆ヴィニー・ポール画像

墓標が設置された際、ヴィニーおよびパンテラのFacebookには、「ブラザーたち(ヴィニーと弟ダイムバッグ・ダレル)の墓を訪れたときは敬意を払ってくれるようお願いする」との声明が出された。

現時点、保護カバーがつけられたのはヴィニーのみで、隣に眠るダレルの墓はそのままの状態らしいが、彼の墓標は2010年に破損されたことがある。ヴィニーは当時、『Artisan News Service』からその人物は逮捕されたのかと問われると、「いや、いや。でも、これは本当に無礼なことだ。どうして他人の墓標に自分の名前を彫りたがるのか、俺は理解できない。でも、過激なファンはいる。連中は、これまで聞いたことがないようなことをする。俺が望んでいるのは、彼(ダレル)をリスペクトし、安らかに眠らせてやってくれってことだけだ」と、話していた。


ヴィニーは2018年6月22日、心臓の疾患のため54歳で急逝した。亡くなる前にレコーディングしていたヘルイェーのニュー・アルバム『Welcome Home』が9月にリリースされる。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス