レディオヘッド、ハッキングされた『OK Computer』時代の音源を18日間限定でリリース

ツイート

レディオヘッドが『OK Computer』(1997年)時代のデモ、リハーサル、レコーディング・セッションなどの音源を18日間限定でリリースした。

◆レディオヘッド画像

最近、これらがハッキングされ、15万ドル支払わなければリリースすると脅されたそうだ。彼らはそれに応じたり無視する代わりに、自らリリースすることにしたという。収益は、自然/環境保護活動を行なうExtinction Rebellionへ寄付される。

ジョニー・グリーンウッドは火曜日(6月11日)、以下のような声明を出した。「先週、ハッキングされた──誰かがOK Computer時代のころのアーカイヴ、トムのミニディスクを盗み、リリースすると脅し、15万ドル(約1,600万円)支払うよう要求したらしい。泣き言言ったり、無視する代わりに、僕ら、Extinction Rebellionを支援し、Bandcampにてそれら18時間全てをリリースする。いまから18日間だけだ。18ポンド(約2,800円)で、僕らがその身代金を支払うべきだったかどうか知ることができるよ」


トム・ヨークは「1995~1998年(?)の僕のアーカイヴ・ミニディスクがハッキングされた。それほど興味深くはない。こんなのたくさんある」とコメントしている。

音源は現在、Bandcamp(Radiohead.bandcamp.com)でストリーミング/購入することができる。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報