エルトンの映画『ロケットマン』監督、「フレディ(ラミ・マレック)のカメオ出演考えた」

ツイート
Photo by John Russo

エルトン・ジョンのバイオグラフィ映画『ロケットマン』を監督したデクスター・フレッチャーは、クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』をブライアン・シンガーから引き継ぎ完成させており、『ロケットマン』にラミ・マレック演じるフレディ・マーキュリーをカメオ出演させようかと考えたそうだ。

◆エルトン・ジョン画像

デクスターは、『Gay Star News』のインタビューで、マレックを出演させたいと思ったことはなかったかと問われ、こう明かした。「一時、そういう考えは持ったよ。エルトンが母親とレストランにいるとき、ジョン・リードとフレディが別のテーブルにいてお互いに手を振り合うってことをね。素晴らしいものになっただろう。でも、やらなかった。ちょっとわざとらしいって感じたんだ。僕はそんな映画的な世界を創り出したかったわけじゃないから」



ジョン・リードは、エルトンだけでなく、70年代半ばクイーンのマネージャーでもあった。『ボヘミアン・ラプソディ』ではエイダン・ギレンが、『ロケットマン』ではリチャード・マッデンがリードを演じた。

エルトンの映画『ロケットマン』は日本で8月に公開される。

デクスターは最近、マドンナのバイオグラフィ映画を監督することに興味があると話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報