【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>NAMBA69、「おもいっきり、暴れていけ!」

ツイート

今か今かと待ち構えるオーディエンス以上に、その高ぶりを抑えきれなかったのがNAMBA69だった。新作『CHANGES』のリリースツアー中ということもあり、ライヴが始まる前の音出しから、バッチバチなサウンドを鳴らしているのだ。

◆NAMBA69画像

そんな空気の中、スタートするのだから「CHANGES」から異常なほどの盛り上がりを見せていく。ko-hey(G)が手を叩く仕草を一瞬するだけで、フロアにはハンズクラップが一面に広がり、歓声が止むことがない。

NAMBAの「よっしゃ、こい!」から放たれた「HEROES」へ続けば、メンバーののめり込み方はさらに加速。ko-heyは「一緒に行こう!」と言わんばかりにフロアへ手を差し出しながらフレーズを奏で、K5(G)はステージ最前で全身をしならせながらギターをかき鳴らし、SAMBU(Dr)も屈強なリズムを叩き出す。そんなメンバーの中心でNAMBAはまっすぐに前を見据えながら高らかに歌い上げ、オーディエンスの盛況っぷりはどんどん上昇。この時点でまだ2曲目だったが、濃密すぎるライヴを確信した人も多かったのではないだろうか。





そのまま、「そんなもんか?」と煽り混じりに、カオティックな展開から驚異的なサビの突き抜け方をする「MANIAC III」を投下し、とんでもない爆発力を持つ「LET IT ROCK」でオーディエンスをグイグイと引っ張っていく。そんな光景を見て、「最高だね! 根底にあるものだけ忘れず、いい感じにいろんな状態を楽しめばいいんだよ」とNAMBAが口にし、<SATANIC CARNIVAL>だからこそ披露したい、Ken Yokoyamaとのスプリット盤に収録した「PROMISES」ヘ。メロディックの真髄をつくような1曲でダイブにつぐダイブが生まれ、思わず笑ってしまうぐらい人が人の上を転がっていく。


伸びやかなメロディーと絶妙なテンポ感がまた新たな興奮を誘ってくれる「SUMMER TIME」で緩急をつけた後は、とにかく攻めっぱなし。相当な盛り上がりを見せるフロアへ「おい、SATANIC! ヌルいぞ!」とko-heyが焚き付け、ギリギリまで破壊しながらキャッチーな1曲として成立させた、まさにバンドの手腕が光る「MANIAC」でオーディエンスの脳みそを直接揺さぶり、ライヴで磨き抜かれ、疾走感と強度が何倍にも増した「LOOK UP IN THE SKY」とつなぐのだから、大会場で空調はガンガンに効いてるはずなのに、観てるだけで汗ばんでくるほど。

ラストは「おもいっきり、暴れていけ!」とNAMBAが叫んでからの「INTRO」で狂騒を描いてから、時間があと3分あることをスタッフから聞き、追加で「JAW」をプレイ。NAMBAはフロアへ飛び込み、ステージ上のko-hey、K5、SAMBUは気が狂わんばかりに頭を振り、さらなるピークへ。まだまだイベントは続くことは知りながらも、オーディエンスからアンコールが起こるほど、鮮やかなインパクトを残していった。


取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎瀧本 JON... 行秀

【NAMBA69セットリスト】

1.CHANGES
2.HEROES
3.MANIAC III
4.LET IT ROCK
5.PROMISES
6.SUMMER TIME
7.MANIAC
8.LOOK UP IN THE SKY
9.INTRO
10.JAW

■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

この記事をツイート

この記事の関連情報