【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>SPARK!!SOUND!!SHOW!!の肝の座ったやんちゃな暴れっぷり

ツイート

ライヴ終了後、「超かっこ良かった…」としみじみと零す男性客の声を聞き、心の中で激しく同意した。

◆SPARK!!SOUND!!SHOW!!画像

肝の座った、やんちゃな暴れっぷりを発揮したのは通称「スサシ」ことSPARK!!SOUND!!SHOW!!。タナカユーキ(Vo、G)、チヨ(B、Cho)を中心に大阪で結成。幾度のメンバーチェンジを経て、タクマ(Key、G、Cho)、イチロー(Dr、Cho)が加入し、現4人体制に固まった。


ライヴ自体は冒頭曲「BRUSH UP」からハイテンションにぶっ飛ばし、会場を掻き回していく。前半はATARI TEENAGE RIOTを彷彿とさせるデジタル・ハードコア路線で突っ走りながら、横道や脇道に逸れていくカオスな無軌道っぷりも発揮。いい意味での掴みどころのなさに、EVIL STAGEに集まった観客も翻弄され、曲が進むにつれてフロアの熱もグイグイ上がるばかりだった。



中盤、「幕張、出禁になろうと思ってる…」「こんなに盛り上がるとは思ってなかった。ガチで耳を澄ましたら、あやぺた(Vo/G、Dizzy SunfistはSATAN STEGEで演奏中)の声が聴こえるかも。妊娠おめでとうー。俺らをデカイ場所に誘ってくれたサタニックのセンスはヤバイ。次は<京都大作戦>…<DEAD POP FESTiVAL>頑張れよ」とタナカは鼻っ柱の強いMCを入れ、後半は疾走感抜群のパンク、大人っぽい歌メロを配したスロー・ナンバーと振れ幅のある音楽性を存分に見せつけ、ラスト曲「南無」においてはステージに設置されている「EVIL」の電飾部分の"V"と"I"の間にある鉄骨に足をかけ、タナカは宙づり状態で歌い、パフォーマンスでも観客を大いに沸かせてくれた。



楽曲、ステージングの両面でエクストリームに振り切れたSPARK!!SOUND!!SHOW!!。今日のライヴを観た多くの人たちの胸に、このバンド名が深く刻み込まれたに違いない。いやあ、かっこ良かった。


取材・文◎荒金良介
撮影◎岸田哲平

【SPARK!!SOUND!!SHOW!!セットリスト】

1.BRUSH UP
2.OEO
3.無愛愛
4.SCAR
5.感電!
6.かいじゅうのうた
7.アワーミュージック
8.good sleep
9.MARZ
10.南無

■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

この記事をツイート

この記事の関連情報