【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>ENDZWECK、グラインドコアの香りを濃厚に漂わせるスタイル

ツイート

真っ赤なライトに照らされたのを合図に、いきなり始まったのがENDZWECKのステージ。歪み切ったボーカルで攻めるTakashi Uesugi、ハードコア・リフを切り刻むHirohisa YamaguchiとAtsushi Oku、重厚な音のまま疾走するAkifumi MochizukiとYoshinori Yamaguchiのリズム隊。

◆ENDZWECK画像

約20年に渡って国内外のクラブ・サーキットで培った極悪スタイルは尋常じゃない。パンクやハードコアというよりも、グラインドコアの香りを濃厚に漂わせるスタイルだ。轟音と爆音と歪みがカオスを作り出していく。それに煽られ暴れ狂うオーディエンスたちもいる。その暴れ方も無秩序なモッシュやバイオレンスなスラム・ダンスだ。


つまり、ENDZWECKもファンも、ここが<SATANIC CARNIVAL>とか気にすることなく、いつものライブどおりに激情を炸裂させていった。ただ、いつもと違ったのは、このステージがギターのYamaguchiにとってENDZWECKでのラストになること。約20年、彼はこのバンドで活動してきた。ツアーで世界中に友人ができたことや、このステージに立てることを改めて感謝するYamaguchi。また「やりたいと思ったことをやる気持ちがパンク・アティテュード」とも語り、これからのENDZWECKと、何かに挑戦している人たちへエールを送る。そこから始まった「Key」では、Yamaguchiの弾く抒情的な旋律がいつも以上に憂いを帯びているように感じた。




味濃いめで脂増しの狂騒曲を、椀子そばのごとく、次々にオーディエンスに食らわせるENDZWECK。いつも彼らが主戦場にするライブハウスとは勝手が違うから、序盤では慣れてないなどと言ってたものの、ライブが後半に差し掛かったときには、Uesugiは客席エリアで煽りながら叫ぶなど、完全に自分たちの遊び場にしている。


そしてラスト「Fourty Two」のときだった。ステージ袖にいた多くのミュージシャン仲間のなかからDog Pが飛び入り。Uesugiは「ラスト1分、最高に遊んで帰れよ」と言い放つや、客席エリアへ突入した。大暴れやクラウドサーフで楽しみながら熱狂。ENDZWECKらしさを貫き通したステージだった。


取材・文◎長谷川幸信
撮影◎岸田哲平

【ENDZWECKセットリスト】

1.Before The World Ends
2.Apathetic Expression
3.Curse
4.Ask For Help
5.Sounds Of Military Boots
6.Key
7.Knowledge
8.Compassion And Conviction
9.Take Back
10.Flower Bouquet
11.Monument
12.Destination
13.Fourty Two

■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

この記事をツイート

この記事の関連情報