【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>HAWAIIAN6、完全にライヴハウス帰りのキッズ状態

ツイート

熱い、暑い、そして、やっぱり熱かった。それはEVIL STAGEを埋め尽くした観客の多さだけではない。火の玉のごとく突き進むHAWAIIAN6のライヴそのものが何よりも熱かったのだ。演奏終了後、汗だくの顔をタオルで拭う観客の表情は完全にライヴハウス帰りのキッズ状態であった。

◆HAWAIIAN6画像

「こっちのステージはカオスで行くぜ」とHATANO(Dr)が叫ぶと、「Magic」で戦闘開始。ドドーッと観客が前へ前へと押し寄せ、フロアの密度はさらに高まる。そこにヘヴィな疾走曲「Burn」が追撃し、ダイバーの姿がどんどんと増えていく。文字通りにカオスを極める場内に向かって、「遠慮するなよ」とさらに焚き付ける。2曲を終えた時点でだだっ広い幕張がバンドと観客の熱気により、狭く感じてしまうほど。



「Bleed」「Brand New Dawn」と矢継ぎ早に放った後、「何年かぶりに電車で幕張に来た。そしたら場所がわからなくて、着いたらZOZOマリンスタジアムだった。Ken YokoyamaとWANIMAに挟まれて、10人ぐらいかと思ったら、結構いるじゃねえか」とHATANO。

その後も「Light And Shadow」や「TINY SOUL」で怒濤の走りっぷりを見せ、「幕張、でっかい輪を作れ」と呼びかけると、「Rainbow,Rainbow」へ。2ビートとは対極を描く至福のメロディで観客を楽園に誘うと、早くも終盤に突入だ。




HATANOは「神戸のbachoが出れるフェスがない。俺たちの仲間…誰もZEPPを埋められるバンドはいない。でもかっこいい奴らを出してくれるフェスがここにあった。またサタニックに呼ばれる日を待ってます。音楽しようぜ」と最後に告げ、「I Believe」「Eternal Wish, Twinkle Star」「Promise」の珠玉の3連打で場内を完全燃焼させて終了。


熱きパンク魂で激走するHAWAIIAN6は、今がもっとも脂が乗っているのではないか。そう言いたくなるほど灼熱のライヴを叩き付けてくれた。

取材・文◎荒金良介
撮影◎半田安政(Showcase)

【HAWAIIAN6セットリスト】

1.Magic
2.Burn
3.Bleed
4.Brand New Dawn
5.Light And Shadow
6.Haze
7.TINY SOUL
8.Rainbow,Rainbow
9.I Believe
10.Eternal Wish, Twinkle Star
11.Promise

■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

この記事をツイート

この記事の関連情報