コリィ・テイラー、膝の手術もスリップノットの公演で「走り回らずにはいられない」

ツイート

今月初め、ヨーロッパでツアーを開始したスリップノットのコリィ・テイラーが、新たなステージ・セットについて語った。

◆スリップノット画像

テイラーは5月に両膝の手術を受けており、まだ万全の状態とは言えないが、これまでとは違うステージ・セットに走り回らずにはいられないそうだ。彼は先週(6月14日)、スイスのフェスティバル<Greenfield Festival 2019>でパフォーマンスした際、同国のラジオSRF 3のインタビューで新ツアーについてこう話した。

「これまでのところチャレンジだよ。膝の手術のせいでね。でも、公演ごとにどんどん良くなってる。新しいステージ・セットがすごくクールで、走り回りたくなるんだ。これまでとは全く違うステージだ。クレイジーなビデオが流れ、トレッドミルがあり、炎が上がる。クレイジーでクールなものが目白押しだ。走り回り、どうなるか見てみたくなるんだよ。俺が動き回りたくなるっていうのは、いいって証だ」



スリップノットは6月7日にフィンランドの<Rockfest 2019>に出演し、およそ2年半ぶりにフル・パフォーマンスした。ヨーロッパの後には、北米、オーストラリア・ツアーが控えており、8月に約5年ぶりとなるニュー・アルバム『We Are Not Your Kind』をリリースする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報