ブライアン・メイ、フレディ・マーキュリーの生誕地ザンジバルで聖地巡礼

ツイート

クイーンのブライアン・メイは最近、奥さんと共に、フレディ・マーキュリーが誕生したザンジバルを訪問したそうだ。

◆ブライアン・メイの投稿

ブライアンは先週、フレディが幼いころ住んでいた家や彼が通っていた学校、誕生した病院の前で撮った写真をインスタグラムに投稿した。

いまはホテルになっているらしい『フレディ・マーキュリー・ハウス』との看板がある建物の前で撮影した写真には「ザンジバル!!! 石の街。これは、フレディと彼の妹カシミラが幼いころ住んでいた建物だ。聖地巡礼!!!」と、学校の画像には「フレディの学校。フレディの可愛い妹カシミラの手引きと、ザンジバルでの僕らの素晴らしいガイドAbdulのおかげで、僕らはフレディの少年時代の足跡をたくさん辿ることができた。これは、僕の長年の夢だったんだ。みんなとシェアできて嬉しいよ」とコメントしている。





病院をとらえた写真では「フレディ出生の地。ようやく。1946年9月5日、ジャー&ボミ・バルサラのもとにファルークが誕生した病院だ。これを見つけたのには興奮した」と綴っている。



移動の飛行機の中では、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見ることができたらしい。しかしエアライン(オマーン・エア)のお国柄、キス・シーンやフレディがメアリー・オースティンに“告白”するところなどがカットされており、「この映画にあるメッセージの多くが失われているように感じた。悲しくなった」という。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報