アリス・クーパー、ヘンドリックスやモリソンら友人たちが亡くなるのを目にし30代でシラフに

ツイート

アリス・クーパー(71歳)は、ジミ・ヘンドリックスやドアーズのジム・モリソンら友人が若くして亡くなるのを目にし、30代半ばで身体に悪いことは止めたそうだ。

◆アリス・クーパー画像

アリスは英国の新聞『Daily Mirror』紙のインタビューで、「俺がいま生きてるのは奇跡のようだ」と話したという。「俺は37年間、シラフだ。俺のビッグ・ブラザー達が27歳で死ぬのを見てきた。ジミ・ヘンドリックスと俺はいい友達だった。ジム・モリソンと俺もだ。2人とも27歳で亡くなった。俺も落ち着かない限り、彼らの仲間入りをするところだった。“コントロールしなくては”って自分に言い聞かせたんだ」

アリスは、1970年代仲間と集っていた“ハリウッド・ヴァンパイアーズ”をバンド名にしたが、その飲み友達の1人だったジョン・レノンについてこう話している。「(当時の)彼とポール(・マッカートニー)の関係がどうだったのであれ、彼の前で誰も彼の相棒ポールについて悪いことは言えなかった。そんなことしたらジョンから一撃を食らってた」

また、それはポールも同じで、「ポールに何であれジョンについて悪く言うと、彼は立ち上がり出て行った。ポールがそいつをやり込めることはなかったけど、明らかに、一線を越えてるってわからせてた」という。

ハリウッド・ヴァンパイアーズは今週金曜日(6月21日)、セカンド・アルバム『Rise』をリリースする。収録曲の1つ、デヴィッド・ボウイの「Heroes」のカバーは、ボウイが1977年に同曲を制作したのと同じ場所、ドイツ・ベルリンにあるHansa Studiosでレコーディングしたという。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報