「この日をだいぶだいぶ待っておりました」木村カエラ、15周年記念ライブまもなく放送

ツイート

木村カエラがメジャーデビュー15周年の記念日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催したワンマンライブ<KAELA presents GO!GO! KAELAND 2019 -15years anniversary->の模様が、7月21日(日)にWOWOWで放送される。

WOWOWではこの日、彼女のデビュー15周年を記念した3本立てのスペシャルプログラム『木村カエラ デビュー15周年記念特集 〜いちご〜』をオンエア。“15分15曲”のスペシャルメドレーや初披露の新曲「いちご」なども交えて展開されたアニバーサリーライブに加えて、デビュー曲から最新曲までのミュージックビデオで構成された『木村カエラ MUSIC VIDEO COLLECTION』、カエラ本人とバンドメンバーが“木村家の人々”に扮して15年の歴史を振り返る『木村カエラ 15周年アニバーサリー スペシャルプログラム』が一挙に楽しめる“木村カエラづくし”の一日となる。

以下、放送を前に到着した15周年ライブのオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

デビュー15周年を迎えた木村カエラが、自身のデビュー日である6月23日(日)に東京・日比谷野外大音楽堂にて、ワンマンライブ<KAELA presents GO!GO! KAELAND 2019 -15years anniversary->を開催した。天気予報は雨だったが、この日の日比谷は曇り。カエラは「私、とてつもない晴れ女なんです!」と胸を張り、アニバーサリーに相応しい特別なセットリストで立ち見を含む満員の観客を盛り上げた。

目が動く巨大なイチゴのオブジェが設置されたステージに、アイゴン(曾田茂一/G)、高桑圭(B)、キャシー(柏倉隆史/Dr)、テリー(中村圭作/key)と笑顔で行進しながら登場したカエラ。観客の拍手がそのまま自然とクラップとなり、ロックフェスの定番曲「Magic Music」で勢いよくライブをスタートさせ、「この日をだいぶだいぶ待っておりました。感謝の気持ちを込めて、最後まで一生懸命やるので、楽しんでください」とあいさつした。

本人が出演した携帯電話のCMソングで、彼女をポップアイコンに引き上げたヒット曲「リルラ リルハ」や、デビュー5周年の際にNHK紅白歌合戦で歌唱し、いまやスタンダードなウエディングソングとなった「Butterfly」、そして、女性のソロアーティストとして10年目を迎えた心境と新たな挑戦への決意を込めた「TODAY IS A NEW DAY」へ。節目となる楽曲で優しくも力強い歌声を響かせたカエラが「急に今日になって15周年だということを実感しました」と語ると、観客からは「おめでとう」の声と大きな拍手が送られた。

ヘヴィーなロックナンバー「TREE CLIMBERS」で会場の熱気をあげると、野音はライブハウスのような様相となり、「Yellow」では観客は拳を突き上げながらジャンプし、「Circle」では色とりどりのタオルが回され、「BEAT」ではカエラがエレキギターをかき鳴らして熱狂させた。


ライブの後半戦では、140曲の中から選曲したという「15曲で15分の15周年メドレー」を披露。「これはね、みんなへの大きなプレゼント。今日、一回きりしかやらないからね。初めての試みで、私たちもドキドキしてます」と心の内を明かした後、バンドメンバーと「えいえいおー!」と声を上げてからメドレーに突入。「sonic manic」ではシンガロングが巻き起こり、「HOLIDAYS」では《ラッタッタ》のコール&レスポンスによって一体感が生み出され、「マスタッシュ」や「誰」では観客は飛び跳ねて大興奮。本編は《君のために歌いつづける》という歌詞の通り、この15年間、節目のライブでは常に歌い続けてきたデビューシングル「Level 42」で締めくくられた。

アンコールでは、7月31日(水)にリリースされるニューアルバム『いちご』のタイトル曲で、toeと共作した「Scratch」以来12年ぶりに彼女自身が作曲を手がけた新曲「いちご」を初披露。15年間の喜びや悲しみ、感謝、さらに、“続けていくことは変わっていくことだ”という、変化を恐れずに進化し続けるというモットーを詰め込んだバラードをアコースティックギターと鍵盤の伴奏のみで、優しく温かく歌いかけ、最後に「今日も晴れて素晴らしい。幸せしかありません。15年間、大好きな歌を歌い続けてこられたのは本当にみんなのおかげです。改めてもっと頑張ろうと思いました」と改めて感謝の気持ちを伝え、涙をこらえながら「みんなも変わることやチャレンジすることを恐れずに、楽しい毎日を送ってください」とメッセージを送り、小さな幸せを見つける喜びを綴った「happiness!!!」で15周年記念ライブの幕は閉じた。

カエラは投げキッスを送りながらステージを後にしたが、場内の拍手が鳴り止まず、ダブルアンコールが実現。デビュー前にヴォーカルを務めていたインディーズバンド、animo時代の楽曲で、自身のデビューアルバム『KAELA』に収録された英語歌詞のポップパンク「You know you love me?」をくるくると回りながら熱唱。やはり木村カエラはライブがよく似合う。カエラが歌い、叫び、飛び跳ね、踊り、笑う姿をもっと見たいと思わせてくれるライブだった。このライブの模様は7月21日(日)にWOWOWで放送される。


撮影◎太田好治、立脇卓

『木村カエラ デビュー15周年記念特集 〜いちご〜』

2019年7月21日(日)午後4:20〜 [WOWOWライブ]
■『木村カエラ MUSIC VIDEO COLLECTION』
2019年7月21日(日)午後4:20〜

■『木村カエラ 15周年アニバーサリー スペシャルプログラム』
2019年7月21日(日)夜7:00〜

■『木村カエラ KAELA presents GO!GO! KAELAND 2019 -15years anniversary-』
2019年7月21日(日)夜8:30〜

番組オフィシャルサイト:https://www.wowow.co.jp/kaela/

▼15日連続メイキング映像公開
Twitter“WOWOW MUSIC”(@wowow_mj)より、放送日まで15日連続投稿

▼全番組、スマホやタブレットなどでも視聴できるネット同時配信あり
詳細:WOWOWメンバーズオンデマンド
https://www.wowow.co.jp/mod/

この記事をツイート

この記事の関連情報