【インタビュー】dps、マーティ・フリードマンとの共作含む1st EP完成「アジアツアーでの成長も音源に」

ツイート

■バンドとして本当の意味で
■全員で曲を作っている

──「夜の飛行機」は、スタイリッシュでハードなアップテンポチューン。

川村:僕が作る曲にしては珍しく、サビのメロディーを繰り返していないんですよ。全部違う旋律で構築したメロディアスなサビは、挑戦というわけじゃないですけど、そういう曲があってもいいんじゃないかなって。スタイリッシュに感じさせるのは直樹のアレンジのおかげだと思います。

森丘:いや、最初からオシャレでしたよ。イントロがなくて、いきなりAメロから始まるのもデモ段階からのものですし。

川村:昔に作った曲はデモがちゃんとしているというのもあって(笑)。インターとかのユニゾンリフもデモの時点で入れていたし。最近は簡単なデモを作ったらアレンジを直樹に投げるので、雑なんですよ。

安井:それは森丘くんのアレンジを信頼しているからでしょう?

川村:そうそう。

▲川村篤史 [Dr]

──では、「夜の飛行機」の歌詞はどのように?

安井:最初にデモを聴いた時、“爽やかな曲”だと思ったんです。その印象をもとに歌詞を書いてみたんですけど、「あの頃は何もわからなかった (with Marty Friedman)」と同じように、プロデューサーから「もっといろんな要素を入れたほうがいい」とアドバイスをもらって。僕は歌詞を書く時、修正した場所の文字色を変えて変化の過程をわかりやすくするんですけど、この曲の最終データはめっちゃカラフルになっていましたね(笑)。それくらい何回も書き直して、夜の飛行機をモチーフに“自分らしく生きたい。自分らしく生きろ”ということを書きました。

木村:疾走感のある曲と歌詞なので、ボーカルは勢いに任せて歌い切りたいなと思いました……カラフルな歌詞を見ながら(笑)。結果、熱い歌になっているんじゃないかなと思います。今回のEPは、「カミカゼ」がお酒の話、「キャンドルに火をつけて」がエロい内容、「夜の飛行機」は“メンソールの混じった煙”というタバコをイメージさせる言葉が入っていたりするんですね。“大人を上手く表現したい曲”が並んでいるという意味でも、今後につながる制作になったと思います。

▲1st EP「カミカゼ」通常盤

──それぞれがいろいろなものを得た制作だったんですね。その結果、「カミカゼ」はdpsの新たな魅力を味わえる作品になりました。

川村:たとえば、今までは(安井)剛志が歌詞を書いたら、メロディーに対してどういう符割で言葉を乗せるかを僕が考えていたんですけど、今回から涼介が自分で考えるようになったんです。そうすると、僕自身が思っていたものとは違う言葉のハマり方になったりするけど、そっちのほうが良かったりするし、僕自身はデモをあまり作り込まなくなってきた。それって、本当の意味で“バンドとして全員で曲を作っている”ということでもあるんです。そういう成長が音源にパッケージできたと思います。

安井:歌詞の面で言えば、インディーズ時代に書いていたものとはだいぶ変わったという自覚があります。今は、僕らしさを前面に出した歌詞を書くとみんなの反応も良かったりして。

木村:“THEバンドマン”な人生を歩んでいる安井さんだからこそ、その中で感じたことを書けば他にないものになるんでしょうし、説得力があるんですよ。

安井:そう言ってもらえると自信が持てる。自分ならではの歌詞を突き詰めていきたいと思っていますし、もちろんベーシストとしてもがんばっていきます。

▲川村篤史 [Dr]

木村:音源にしても映像作品にしても、回を重ねるごとに、自分のこだわりをより詰め込めるようになってきている。バンドを始めた時と比べると声の自由が効くようになったし、MVも自分の意図する形に落とし込むことができるようになってきた。その1つ1つに対する思い入れが最初の頃とは全く違っているんです。多くの人に今回の作品が届くといいなと思っています。

森丘:僕は楽曲をアレンジする段階で、“これが世に出ても大丈夫”という100パーセントのギターを弾いてきたつもりなんですね。でも今回、「あの頃は何もわからなかった(with Marty Friedman)」以外の3曲は、締切ギリギリのタイミングで全て弾き直したんです。それは今までの100パーセントを超えるためにやったことで。結果、一番手応えを感じるギターがレコーディングできた。「カミカゼ」は自信作なので、ぜひ多くの方々に聴いてほしいです。

取材・文◎村上孝之





■メジャー1st EP「カミカゼ」

2019年6月19日(水)発売

▲初回限定盤

【初回限定盤 (CD+Photobook)】GZCA-4154 ¥2,300+税
※三方背ケース+フォトブック仕様

▲通常盤

【通常盤 (CD)】GZCA-4155 ¥1,500+税
1.カミカゼ
2.キャンドルに火をつけて
3.夜の飛行機
4.あの頃は何もわからなかった (with Marty Friedman)

■デジタル配信シングル「あの頃は何もわからなかった (with Marty Friedman)」

2019年4月24日(水)配信リリース開始
※各主要サイトにて先行配信リリース


■<DFT presents 音都 ON TO vol.5>

8月25日(日) 大阪・なんばHatch
open未定 / start未定
出演:dps / Qyoto / CROSS LORD / magenta blue / SARD UNDERGROUND / and more…
▼チケット
無料
※入場時に別途ドリンク代¥500が必要です
(問)DFT 06-6110-0111
http://dojimaforumteam.jp


◆インタビュー(3)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報