AK-69、日本人初の4階級制覇・井岡一翔選手に歌でエール

ツイート

AK-69が昨日6月19日、千葉・幕張メッセで開催されたボクシング・WBO世界スーパーフライ級王座決定戦にて井岡一翔選手の入場時に「ロッカールーム -Go Hard or Go Home-」を生歌唱した。

◆関連画像(5枚)

同曲について「“勝ちは勝ちでもこだわる勝ち方”という歌詞が凄く好き。ボクシングでも、ただ試合に勝利するだけでは無くて、流れを作って魅せて勝つことだったり、もちろん勝ち方にこだわりたいので、凄く共感するし奮い立たされます」と過去に話していた井岡選手。試合では、体格差のある長身のパリクテ選手相手にTKO勝ちした。



日本人初の4階級王者となった井岡選手と、試合後にリング下で抱き合って勝利を讃えるAK-69。井岡選手は今後、世界でのビッグマッチを熱望しており、次は海外で両者による入場シーンを見ることができるかもしれない。

生歌での入場は国内では珍しく、SNS上では「いきなりAK出てきてビビった」「井岡の試合見ようとしたらライブ始まったw」「ライブで入場は熱い!」などの声も挙がっていた。


この記事をツイート

この記事の関連情報