フレディ・マーキュリー、未発表パフォーマンス「タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン」公開

ツイート

フレディ・マーキュリーの楽曲「タイム」の未発表バージョン「タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン」と、同曲のパフォーマンス映像が公開された。

◆「タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン」 MV、画像

「タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン」は、1986年にミュージカル『タイム』のコンセプトアルバムのためにレコーディングされた楽曲「タイム」の未発表バージョンである。この音源は、フレディの長年の友人であったデイヴ・クラークによって2年の歳月を費やしてプロデュースされ、6月20日(木)に全世界同時デジタルリリースされた。

「タイム」は96トラックのバッキングヴォーカルから成る壮大な楽曲として完成されたが、「タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン」はフレディのヴォーカルとマイク・モーランのピアノのみから構成されている。マイク・モーランのピアノは、バッキンガムシャーにある彼のスタジオで新たに録音されたものだ。

新しいパフォーマンス映像は、ロンドン・ドミニオン劇場にて4台のカメラを用いて撮影された映像と、2014年のデイヴのドキュメンタリー番組『Glad All Over: The Dave Clark Five & Beyond』の未現像フィルムの中から、「歌詞の一言一句を噛みしめ、味わっていた」というフレディの姿を発見し、制作されたという。


■フレディ・マーキュリー「タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン|「Time Waits For No One」

2019年6月20日(木)リリース
購入リンク:https://umj.lnk.to/FreddieMercury_TWFNO

この記事をツイート

この記事の関連情報