フレンチ・テクノの新たな黄金期を牽引する鬼才、Zadig

ツイート

現在のパリのテクノシーンを牽引するアーティストのひとりであり、パリのシーンを世界で最も最先端なものにしようと奮起しているアーティストのひとりでもあるZadigが、7月14日の表参道VENTについに初登場を果たす。

ハードコアでアシッド全盛だった90年代のフランスのレイブシーンのオーディエンスだったZadigことシルヴァン・ペルチェは、ジェフ・ミルズ、サージョン、ジョーイ・ベルトラムなどのアーティストやTresor、Lost、Synewaveなどのレーベルに大きな影響を受けてきた。そのため今の彼のスタイルにも当時のテクノを垣間見ることができるだろう。2000年代中盤にパリへ移住するとすぐ盛り上がり始めた現地のシーンに深く関わるようになり、2006年にはEuro Visionsレーベルから”DayisDying”をリリース。2009年にはパリの重要なレーベルにしてディストリビューターであるSyncrophoneとの良好な関係性を築いていた。

パリのテクノシーンは、2000年代初期の廃れていた時代から輝きを取り戻し続けている。Zadigはこの発展に大きく貢献してきた。2011年にはConstruct Re-Formレーベルを立ち上げRex Clubではレジデンシーパーティを始め、アンチゴン、ヴォイスキ、バース・オブ・フリーケンシーなどのフランスの新しい才能のサポートをしてきた。Deeply Rooted House、Chronicle、Children of Tomorrowなどのレーベルからのリリースや、引き続きSyncrophoneからもサポート受けてきた。またTresor、Reclaim Your City、Studio Rなどからのコンピレーションには楽曲を提供してきた。

Zadigの名前がフランスのシーンのリーダーだと広まると、ヨーロッパ中を数え切れないほどツアーで回るようになっていった。ベルリンのBerghainや、深い関係性を築いたTresor、パリのConcreteと<Weatherフェスティバル>、さらには世界に出て北米や南米にも呼ばれるようになっていった。ロドハット、ペーター・ヴァン・ホーセン、DVS1、イニーゴ・ケネディなどといった現代のテクノシーンを牽引する素晴らしいアーティストたちとも共演を果たし、2015年にはUnforeseen Alliancesという名のライブに特化したコラボ・プロジェクトをヴォイスキ、アンチゴン、バース・オブ・フリーケンシーたちとスタートさせた。すべてがうまくいき、ZadigにとってもConstructRe-Formにとっても成功的に知名度を上げる結果となった。

現在のパリのクラブシーンの復興は、90年代には見られなかったほど今では高い注目を集めるようなった。これはZadigのようにより高みに持っていこうとする献身的な努力の結果と言えるだろう。ひとりのアーティストとして、レーベルの代表として、そして成長を続けるシーンの中心人物として、未来を据えて活動を続ける孤高の天才のパフォーマンスはきっとあなたの期待を裏切らないだろう。


<- Zadig ->

2019年7月14日(日)
表参道VENT
OPEN : 23:00
DOOR : ¥3,500 / FB discount : ¥3,000 ADVANCED TICKET:¥2,500 https://jp.residentadvisor.net/events/1276871

■ROOM1
ZADIG (Construct Re-Form / Tresor)
REKI (ELEPHANT)
SUNGA (BLACK SHEEP / EEZEE)
Qmico (QUALIA)
And more

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

◆VENT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報