リアルタイムピッチ補正&ボーカルエフェクトソフトの最新版「Auto-Tune EFX+」

ツイート

リアルタイムピッチ補正&ボーカルエフェクトソフトの最新バージョン「Auto-Tune EFX+」がAntares Audio Technologiesから登場。フロンティアファクトリーの直販サイトでダウンロード販売が開始された。

「Auto-Tune EFX+」は、Auto-Tuneのコア機能と強力なAuto-EFXマルチエフェクトラック、およびAuto-Motionピッチシフトメロディックパターンジェネレータを組み合わせた、幅広い用途に使える新しいボーカル制作ツール。

プロ品質のAuto-Tuneピッチ補正を含み、フォルマント補正と低レイテンシー処理がリアルタイムのパフォーマンスを実現。完全に調整可能なRetune SpeedおよびHumanizeパラメータを使用すると、自然なピッチ補正から最も強力なAuto-Tuneエフェクト(通称ケロケロボイス)まで、トラックに適した処理を可能にする。

Auto-Motionピッチシフトメロディックパターンジェネレータを使えば、オリジナルのボーカルトラックまたはインストゥルメンタルトラックを自動的にピッチシフトすることで、新しいメロディックパターンとフックを作成可能。プロジェクトのキーとテンポに合わせてインテリジェントに適応するメロディックパターンの広範なライブラリを含む。

また、あらたにキー検出プラグイン「Auto-Key」(別売り)との互換性も備えた。Auto-Keyプラグインは楽曲に対してキーとスケールを検出、情報をワンクリックでAuto-Keyに送信する(米Anraresのサイトで購入可能)。

対応するOSはMac OS 10.10.5~10.14、Windows 10、Windows 8.1。フォーマットはAAX Native、VST2/VST3(VST2はWindowsのみ)、Audio Units(Macのみ)で、いずれも64bitのみ。iLok USBキーを使用しない新しいライセンス管理システムを採用している。

製品情報

◆Auto-Tune EFX+(ダウンロード版)
価格:23,000円(税別)
発売日:2019年6月21日
この記事をツイート

この記事の関連情報