ロブ・アフューソ、セバスチャン・バックからの共演の誘いに「もちろん」

ツイート

セバスチャン・バックが、スキッド・ロウの1stアルバム『Skid Row』のリリース30周年を記念し、同作を全曲プレイするツアーを開催するにあたり、オリジナル・メンバーに向け一緒にプレイしようと呼びかけたことにロブ・アフューソ(Ds)が応えた。

◆『Skid Row』画像

セバスチャンは今月初め、ラジオ番組で「このアルバムは世界中のみんなにとって身近で大切な存在だ。俺はそれを、このツアーを発表したことで実感してる。クレイジーだよ。人々は大興奮だ。いまこの場で、俺はスキッド・ロウのオリジナル・メンバーに言いたい。それはこの世に5人しかいない。俺らみんな、どの5人がこのアルバムを作ったのか知ってる。俺から彼ら全員へのオープン・インビテーションだ。ステージに上がり、ジャムしたくないか? 実現するとは予測していないが、俺は投げかけるよ」と話した。

これに対し、デイヴ・スネイク・セイボは興味がないとつれなかったが、セバスチャンと同時期にスキッド・ロウを脱退したアフューソはFacebookを通じ、「もちろん 俺はそこにいるぜ…」と即答していた。セバスチャンは今週初め、これに「Ok、まあ5人中2人っていうのは悪くないな。すぐに会おうぜ、ロブ。#skidrow30」と返事した。





1stアルバム『Skid Row』は、セバスチャン(Vo)、セイボ(G)、レイチェル・ボラン(B)、スコッティ・ヒル(G)、アフューソ(Ds)の5人で制作。セバスチャンとアフューソ以外の3人は現在もスキッド・ロウを率いている。

<Sebastian Bach 30th Anniversary>ツアーは、8月29日から11月2日まで北米で45公演が開催される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報