Netflix『聖闘士星矢』、主題歌はザ・ストラッツ「PEGASUS SEIYA」

ツイート
(C)Masami Kurumada / Toei Animation

ザ・ストラッツが、7月19日(金)に配信されるNetflixオリジナルアニメ『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』の主題歌を担当することが発表された。

◆ザ・ストラッツ、『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』画像

『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』は、車田正美の人気漫画『聖闘士星矢』を原作とする3DCG作品。現代を舞台に、アテナの化身を守るため戦う聖闘士たちの姿が描かれる。




(C)Masami Kurumada / Toei Animation

ザ・ストラッツによる主題歌「PEGASUS SEIYA」は、テレビアニメ『聖闘士星矢』の初代オープニング曲として今なお熱い支持を受ける「ペガサス幻想」の英詞バージョンだ。企画当初から“本作の主題歌は「ペガサス幻想」で”と考えていたという池澤良幸プロデューサーは、ザ・ストラッツの起用について「作品の神様が引き合わせてくれた偶然なのか、必然なのか、とにかく彼らしかいない!と思ってオファーした」と明かしている。

   ◆   ◆   ◆

■池澤良幸プロデューサー コメント

『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』の主題歌は「ペガサス幻想」で行きたいと当初から考えていました。ですが、英語ベースの作品なので、主題歌も英語にして全世界に同時に広がり、『聖闘士星矢』の世界観を歌い上げてくれる人がいいなと思っていました。
製作初期段階、米・ヒューストンで『聖闘士星矢』の英語キャスト音声収録を行っていたとき、音響監督から週末に有名バンドのコンサートに行ったら、前座で歌っていたバンドがすごかった、と聞き、それがTHE STRUTSさんを知った最初でした。
帰国して、主題歌の相談が始まったとき、THE STRUTSさんの名前が挙がり、運命を感じたので、当初より意図していた「ペガサス幻想」を歌ってもらえるかをそのまま直球で聞いてみたところ、「やりましょう」とお返事をいただきました。作品の神様が引き合わせてくれた偶然なのか、必然なのか、とにかく彼らしかいない!と思ってオファーさせていただきました。

   ◆   ◆   ◆


▲ザ・ストラッツ Photo by Anna Lee Media

この発表に合わせて、聖闘士たちが集まったキーアートと本編の場面写真が解禁された。ザ・ストラッツは8月に来日し、東京と大阪で開催される<サマーソニック2019>に出演する。

Netflix オリジナルアニメシリーズ『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』

2019年7月19日(金)全世界独占配信
【スタッフ】
原作:車田正美
シリーズディレクター:芦野芳晴 Story Editor:Eugene Son キャラクターデザイン:西位輝実
聖衣(クロス)デザイン:岡崎能士 音楽:池 頼広 CGディレクター:鄭 載薫 森田信廣
アニメーション制作:東映アニメーション

【キャスト】
ペガサス星矢:森田成一
城戸沙織:折笠富美子
辰巳:江川央生
ドラゴン紫龍:櫻井孝宏
キグナス氷河:三浦祥朗
アンドロメダ瞬:佐藤聡美
フェニックス一輝:小西克幸
獅子座のアイオリア/ナレーター:田中秀幸
牡羊座のムウ:山﨑たくみ
乙女座のシャカ:三ツ矢雄二 ほか

【オープニング主題歌】
「PEGASUS SEIYA」
作詞 竜 真知子
英詞 TIM JENSEN
作曲 松澤浩明、山田 信夫
編曲・歌 The Struts(ユニバーサル ミュージック)
【エンディング主題歌】
「サムバディ・ニュー」
作詞・作曲 The Struts(ユニバーサル ミュージック)

(C)Masami Kurumada / Toei Animation

【Netflix作品ページ】www.netflix.com/saintseiya
【作品公式サイト】 www.saintseiya-kotz.com

この記事をツイート

この記事の関連情報